豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】

「中華ゲーム見聞録」第108回目は、80年代アニメ風味の、恋愛ゲーム要素もあるギャンブル×ミステリーアドベンチャーゲーム『連海カジノ』をお届けします。

連載・特集 プレイレポート
豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】
  • 豪華客船の謎を解き明かせ!レトロポップなギャンブル×恋愛×ミステリーADV『連海カジノ』【中華ゲーム見聞録】

中華ゲーム見聞録」第108回目は、80年代アニメ風味の、恋愛ゲーム要素もあるギャンブル×ミステリーアドベンチャーゲーム『連海カジノ』をお届けします。

本作は致意氏によって、2022年9月30日にSteamで配信されました。致意氏と言えば、大学生探偵・端木斐(ダンムゥ・フェイ)が主人公のミステリーADV『端木斐異聞録』の開発者として知られています。「中華ゲーム見聞録」でも以前、香港・九龍を舞台にした探偵ADV『端木斐 VS 小林正雪』を紹介しました。日本語サポートされた作品が多く、本作も日本語でのプレイが可能です。

本作の内容ですが、豪華客船を舞台に、4人の主人公から一人を選んでプレイする、マルチ主人公方式のADV。端木斐を含めた、致意氏の作品キャラが登場するとのことです。グラフィックやムービーは、80年代アニメを彷彿させるレトロポップなデザインや色使いをしていますね。果たしてどんなゲームなのか、早速プレイしていきましょう!

クルーズ船「連海之星」に乗り込め!

ゲーム起動後にムービーが流れますが、ムービーの見せ方や、くっきりしたシルエットにピンクっぽい色使いなど、80年代アニメ感が良く出ていますね。BGMもレトロポップ風味になっています。

ちなみに道路に描かれた『CODE CRACKER』は、致意氏の作品の一つで、本作と同じ大都市「連海」を舞台にしたハッカー・サスペンスADV。画像の人物がその主人公で、本作のマルチ主人公の一人にもなっています。残念ながら、現在はまだ日本語サポートされていません。

ムービーでは、致意氏の代表作『端木斐異聞録』の主人公・端木斐も登場。コーヒー中毒の大学生探偵で、多くの怪事件を解決してきました。『端木斐異聞録』は日本語サポートされており、キャラも立っていてクオリティの高い作品ですので、推理ADVに興味のある方はぜひプレイしてみてください。

ゲームをスタートすると、まずは主人公キャラの選択。端木斐を含む4人から選択できます。「???」は先程の『CODE CRACKER』の主人公です(元の作品では主人公の名前を自分で決められます)。「寒川」は、致意氏の『僕たちが死ぬまであと七日』という作品の主人公で、成績優秀なクラス委員長。「啓明」はビリヤードの達人だそうです。

今回は端木斐を選択。それぞれのキャラには「カリスマ」(他キャラとの会話に影響)、「隠蔽能力」(負債額や相手の賭け金に影響)、「幸運因子」(賭け事の結果に影響)の3つのパラメータが設定されています。端木斐はバランスの取れた能力になっていますね。また各キャラには固有スキルが3つ用意されています。

ゲームの難度設定。「観光」(イージー)から「地獄」(ベリーハード)まで4段階あります。「観光」は自由にセーブ・ロードできますが、それ以外はオートセーブになっています。またセーブ・ロードが一切できない「鉄人模式」も。初プレイなので「観光」でいきましょう。

端木斐の所属する英語クラブの友人・凌霄との会話。「連海之星」というクルーズ船で、死んだはずの人間が目撃されたとの怪事件が発生したそうです。しかし端木斐が凌霄の髪型を茶化したことで、凌霄は怒って部屋を出ていってしまいました。昔のADVゲームっぽいグラフィックが良い味を出していますね。

凌霄は一人で「連海之星」の調査に乗り出し、そして戻ってきませんでした。端木斐は凌霄を追わなかったことを悔み、「連海之星」へと乗り込みます。ちなみに「スピンオフ作品」などメタ発言が色々出てきて、コメディ色強めですね。

乗船からわずか3時間で、端木斐の借金は1万元に達しました。「現代の日本円に換算するとおよそ20万円」と、麻雀漫画「アカギ」のネタも出てきますね。腰に刀と拳銃を下げた女性「白虎」に、「払えないのでしたら、臓器をお売りなっては?」と言われます。

猶予時間を貰ったので、端木斐は船内で賭博をして借金を返すことになりました。ここからマップ移動画面になります。船は地上4階から地下2階まであり、現在は1階とB1しか移動できません。条件を満たすと、他の階がアンロックされます。

ヒロインと仲良くなろう!

マップ移動画面では、人物やオブジェクトをクリックすることで会話やインタラクティブが可能。知り合いの「浩兄貴」がいたので話すと、2000元を貰えました。これで賭博の資金が得られましたね。浩兄貴が言うには、「ここのディーラーは、いざとなればイカサマをする」とのことです。

バニーガール姿の女性が、客にクレームを付けられていました。女性は双睛と言い、3連続でブラックジャックを出したことから、イカサマを疑われています。客は「500元返せ」と迫っており、双睛は「お金が無い」とのこと。先程2000元貰ったので、立て替えてあげましょう。

双睛と会話が出来るようになりました。話題やスキルを選択し、相手の好感度を上げていきましょう。話題には「アニメ」「ゲーム」「雑学」などがあり、選ぶとそのジャンルのクイズが始まります。マニアックな問題が多く、難度は高め。正解数が多いと、好感度も多く上がります。

神経衰弱や計算パズルなどミニゲームも用意されています。それと会話をするごとに時間が経過し、借金に利息が付いていきます。複利でどんどん増えていくため、できるだけ早く借金を返済した方がいいでしょう。

好感度が高まると、イベントが発生します。ヒロインと仲良くなると、情報を提供してくれたり、ギャンブルを優位に進めることができたりなど、様々な効果があります。

借金を返すため、マップ移動画面にあるブラックジャックの台でプレイ!右上の「二十一点」と言うのは、ブラックジャックの中国語名です。よく見ると、対面のディーラーの伏せているカードの側で、双睛のミニキャラが数字を教えてくれていますね。

メニューでは、好感度によって得られるスキルを確認できます。双睛の好感度レベル1のスキルは「覗見」。ディーラーの伏せたカードを覗き見て、「>5」(5より大きい)などのように曖昧に教えてくれます。ただこれがわかっても、なかなか勝てません……。

船内を探索!

船のデッキの方へ行ってみると、キャットスーツに身を包んだKRという女性がいました。浩兄貴の知り合いで、インターポール(国際刑事警察機構)に所属しています。この船の調査に協力してくれるようですね。

船内に戻ると、ブラックジャックの台の側にチャイナドレスの女性がいました。「ブラックジャックに大金を賭けない方がいい」と忠告されます。「麒麟」と名乗っていますが、どうやら先程のKRが変装しているようですね。

麒麟と仲良くなるため、会話で好感度を上げましょう。好感度レベル1のスキルは「ブラックジャックの賭け金上限を上げる」と「借金の利息を一定確率で低下させる」でした。

1階のバーでは、バイトになりすまして先に侵入していた友人・肖懿がいました。ここでは「ヒット&ブロー」という、3桁の数字を当てるギャンブルができます。運以外にパズルゲーム的な要素があるので、難度は高めですね。

「ギャンブルで勝つことより、まずはヒロインと仲良くなってスキルを増やした方が有利なのでは?」と思ったので、好感度稼ぎを続行。好感度レベルが上がると、ミニゲームも難度が高くなりますね。神経衰弱も、先程は1列だったのに、今は2列になっています。

双睛の好感度レベルが2になり、イベントが発生。現在捜索中の凌霄についての手掛かりを知っているようでしたが、話の途中で白虎に邪魔されてしまいました。さらに好感度レベルを上げて、イベントを進行させる必要がありますね。

ショップでは、ヒロインへの贈り物や、新スキル取得のためのアイテムを入手できます。現在はあまりお金がありませんが、余裕があったらスキルを増やしていきましょう。

双睛との好感度をさらに上げ、凌霄に関する情報の入手に成功!凌霄は「実験室」に連れて行かれたとのことです。果たして凌霄を助け出すことが出来るのか、続きはぜひ自身の手でプレイしてみてください。

致意ワールドを楽しめるギャンブルADV

本作は致意氏の過去作のキャラが大勢登場し、お祭り的なスピンオフ作品になっています。原作をまったく知らなくても問題無くプレイ出来ますが、知っていればさらに楽しむことができるでしょう。本作攻略にはヒロインと仲良くするのが重要で、恋愛ゲーム的な要素もありますね。

違う主人公でスタートすると、ストーリーや船でのスタート地点も変化します。端木斐だとコメディ調でしたが、寒川だとホラーテイストになっていますね。日本語サポートもされていますし、致意氏のファンはもちろんのこと、そうでない方も本作を起点として、他の致意作品も楽しんでみるといいかと思います。

製品情報

『連海カジノ』
開発・販売:致意
対象OS:Windows、MacOS、Linux
リリース日:2022年9月30日
サポート言語:日本語、中国語(簡体字、繁体字)
通常価格:1,500円
ストアページ:https://store.steampowered.com/app/1973700/_/
※本記事で用いているゲームタイトルや固有名詞の一部は、技術的な制限により、簡体字・繁体字を日本の漢字に置き換えています。

ハズブロ ボードゲーム クルード 正規品
¥2,240
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《渡辺仙州》
渡辺仙州

歴史・シミュ・ボドゲ好き 渡辺仙州

主に中国ものを書いている作家。人生の理念は「知られていない面白いもの」を発掘・提供すること。歴史・シミュレーションゲーム・ボードゲーム好きで、「マイナーゲーム.com」「マイナーゲームTV」を運営中。著書に「三国志」「封神演義」「西遊記」「封魔鬼譚」(偕成社)、「文学少年と運命の書」「天邪鬼な皇子と唐の黒猫」(ポプラ社)、「三国志博奕伝」(文春文庫)など。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top