『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達

なお、クラウドファンディングキャンペーンは2022年12月3日まで実施予定です。

ゲーム文化 クラウドファンディング
『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
本ボードゲームのプレビュー動画。

Themeborneは、Naughty Dogが手掛ける『The Last of Us』シリーズのボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」の、クラウドファンディングキャンペーンをKickstarterで開始しました。

本ボードゲームは、ソロまたは5人までのマルチ協力プレイが可能なサバイバルボードゲーム。プレイヤーは、エリー、ジョエル、テス、ビル、トミー、マーリーンからキャラクターを選び、各グループメンバーを生存させながら、安住の地であるジャクソンを目指さなければいけません。

システムにおいては、Themeborne が過去に手掛けた「Escape the Dark」シリーズを元にしており、初心者を想定した設計でありながら、ゲームはリッチかつやり応えのあるものになっているとのこと。またKickstarterページでは、ゲームに必要な準備時間は5分、プレイ時間は約1時間であり、郊外、下水道、大学といった原作に登場したロケーションや、クラフト(工作)や武器のアップグレード要素も存在し、クリアにはプレイヤー同士が最初から最後まで協力し合わなければいけない点なども説明されています。

なお、日本時間11月9日に開始した本クラウドファンディングキャンペーンですが、現在の総支援額を確認すると、記事公開時点で目標の12万ポンド(約2千万円)を遥かに上回る約35万ポンド(約6千万円)の資金を集めることに成功しているようです。

「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディングキャンペーンは、2022年12月3日まで実施予定。65ポンド(約1万円)の支援から「Standard Edition」が、99ポンド(約1万7千円)の支援から各種追加コンテンツを加えた「Collector's Edition」がリワードとして2023年12月に発送される予定です。詳細はKickstarterページよりご確認ください。


【PS5】The Last of Us Part I【CEROレーティング「Z」】
¥7,144
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
The Last of Us Remastered 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
¥6,780
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ケシノ》

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  3. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

    『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  4. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  5. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  6. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  7. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  8. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  9. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  10. 「悲しいけどテキストだけでRPGのクエストをクリアする人、ほとんどいないのよね!」『The Elder Scrolls Online』ディレクターが海外メディアに語る

アクセスランキングをもっと見る

page top