『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達

なお、クラウドファンディングキャンペーンは2022年12月3日まで実施予定です。

ゲーム文化 クラウドファンディング
『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
  • 『The Last of Us』ボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディング開始―既に目標資金額の3倍弱を調達
本ボードゲームのプレビュー動画。

Themeborneは、Naughty Dogが手掛ける『The Last of Us』シリーズのボードゲーム版「The Last of Us: Escape the Dark」の、クラウドファンディングキャンペーンをKickstarterで開始しました。

本ボードゲームは、ソロまたは5人までのマルチ協力プレイが可能なサバイバルボードゲーム。プレイヤーは、エリー、ジョエル、テス、ビル、トミー、マーリーンからキャラクターを選び、各グループメンバーを生存させながら、安住の地であるジャクソンを目指さなければいけません。

システムにおいては、Themeborne が過去に手掛けた「Escape the Dark」シリーズを元にしており、初心者を想定した設計でありながら、ゲームはリッチかつやり応えのあるものになっているとのこと。またKickstarterページでは、ゲームに必要な準備時間は5分、プレイ時間は約1時間であり、郊外、下水道、大学といった原作に登場したロケーションや、クラフト(工作)や武器のアップグレード要素も存在し、クリアにはプレイヤー同士が最初から最後まで協力し合わなければいけない点なども説明されています。

なお、日本時間11月9日に開始した本クラウドファンディングキャンペーンですが、現在の総支援額を確認すると、記事公開時点で目標の12万ポンド(約2千万円)を遥かに上回る約35万ポンド(約6千万円)の資金を集めることに成功しているようです。

「The Last of Us: Escape the Dark」クラウドファンディングキャンペーンは、2022年12月3日まで実施予定。65ポンド(約1万円)の支援から「Standard Edition」が、99ポンド(約1万7千円)の支援から各種追加コンテンツを加えた「Collector's Edition」がリワードとして2023年12月に発送される予定です。詳細はKickstarterページよりご確認ください。


【PS5】The Last of Us Part I【CEROレーティング「Z」】
¥7,144
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
The Last of Us Remastered 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
¥6,780
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

    『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  2. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

    『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

  3. 盗まれる程おいしそうな「スイート・ロール」も作れる!「The Elder Scrolls: The Official Cookbook」邦訳版が3月3日発売

    盗まれる程おいしそうな「スイート・ロール」も作れる!「The Elder Scrolls: The Official Cookbook」邦訳版が3月3日発売

  4. 倒した敵を味方にできるPS2/GC風3DアクションRPG『Sword of the Necromancer: Revenant』Kickstarter開始!

  5. HD-2D風ピクセルアート武侠RPG『Wandering Sword』ゲームプレイトレイラー! デモ版も近日初公開

  6. 渦中のメンバー“外部ツールの使用は事実”『FF14』界隈揺るがすレイドレース「ズームハック」―他上位勢はツールを使うはず、そこに対抗するためだった【UPDATE】

  7. 『FF14』「絶オメガ検証戦」不正ツール使用チーム所属メンバーが処罰を受ける―報酬や称号は全没収へ

  8. クレカ不正利用し失踪した「父ノ背中」プロゲーマーが契約解除―代表曰く75万円の借金も「もういい」

  9. 『FF14』外部ツール問題は過去のコンテンツにも波及―当時メンバーの1人がキャラクターデリートを発表

  10. キャラクター/アカウントの削除は“デジタル切腹”か― 『FF14』不正ツール騒動が生んだ新たなミーム

アクセスランキングをもっと見る

page top