東アジア初上陸の大型ゲーミング・フェス「DreamHack Japan」の開催日が2023年5月13日・14日に決定!会場は幕張メッセ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

東アジア初上陸の大型ゲーミング・フェス「DreamHack Japan」の開催日が2023年5月13日・14日に決定!会場は幕張メッセ

DreamHack Japan実行委員会が、「DreamHack Japan」を2023年5月13日・14日の2日間にわたって幕張メッセで開催することを発表。

ゲーム文化 イベント
東アジア初上陸の大型ゲーミング・フェス「DreamHack Japan」の開催日が2023年5月13日・14日に決定!会場は幕張メッセ
  • 東アジア初上陸の大型ゲーミング・フェス「DreamHack Japan」の開催日が2023年5月13日・14日に決定!会場は幕張メッセ
  • 東アジア初上陸の大型ゲーミング・フェス「DreamHack Japan」の開催日が2023年5月13日・14日に決定!会場は幕張メッセ

DreamHack Japan実⾏委員会は、eスポーツをはじめ音楽ライブ、ゲームやアニメなどのコンテンツなどを複合的に展開するフェスイベント「DreamHack Japan」を、2023年5月13日(土)・14日(日)に開催することを発表しました。会場は幕張メッセです。

「DreamHack」は1994年にスタートし、世界で年間35万人以上の動員実績を誇るエンタテインメント・フェス。東アジア初上陸となる「DreamHack Japan」の実⾏委員会は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント・SL FACEIT Group・株式会社STARBASEにより構成されています。また2022年12月9日(金)は、「DreamHack Day」という世界各国のDreamHackの情報解禁が行われる日であり、「DreamHack Japan」からもさらなる新たな発表を予定しているとのこと。

イベントのコンセプトについては下記の通り。

「DreamHack Japan」を象徴する5つのカテゴリー

「DreamHack」は、数多くのコミュニティで構成された複合型の没入体験イベントです。Espo rtsやゲーム、アニメ・カルチャーから広がるコスプレ、トークショー、実況中継などのイベント。最新のIPやギアが紹介され、体験できる数々の展示ブースなど、さまざまなコンテンツが有機的に繋がり構成されていきます。

「DreamHack」を象徴する5つのカテゴリー<BYOC><EXPO><Esports><Music><Activ ity>とその歴史に、日本が世界に誇る独自のエンタテイメントカルチャーが加わることで、「DreamHack Japan」として更なる進化を遂げます。

・BYOC(Bring Your Own Computer)
参加者が自身のコンピューターやガジェットを会場に持ち込み、最高の環境でゲームを遊びつくすエリアです。「DreamHack」の歴史は、1994年にスウェーデンで4 0人ほどが集まったPCパーティーから始まりました。現在世界を席巻するイベントに成長した「DreamHack」において、BYOCはその根幹ともいえる存在です。世界各地のゲーミングコミュニティが没入するBYOCの魅力を「DreamHack Japan」でも体験いただけます。

・EXPO
「DreamHack」には、世界中から最新のプロダクトが集結します。<EXPO>では、出展パートナーが提供する未知のギアを試したり、開発者に話を聞いたり、ゲ ーム業界での最先端の取り組みについて学ぶことができます。

・Esports
「DreamHack」の成長につれて、イベントのひとつであった<Esports>は多くのファンを惹きつけるカテゴリーになりました。eスポーツファンからの強い支持が集まるようになった「DreamHack」は世界進出を果たすに至ります。大人気タイトルの数々、世界中のプレイヤー、熱狂的ファン、あらゆるeスポーツコミュニティが一同に集い、eスポーツシーンの世界最前線と呼ぶべき熱狂が「DreamHack Japan」で繰り広げられます。

・Music
<Music>カテゴリーでは、人気アーティストと華々しい演出で会場中を震撼させます。音楽フェスに比肩する魅力的なライブ・パフォーマンスが、あらゆるカルチ ャーやコミュニティが会場をひとつにします。「DreamHack Japan」では、ソニ ー・ミュージックエンタテインメントとタッグを組み、日本が誇る豪華アーティストたちによる圧倒的なステージを国内外のファンに向けてお届けします。

・Activity
この<Activity>カテゴリーによって、「DreamHack」のエンタテインメントは他のイベントで類を見ない程の多様性を持つに至ります。コスプレを筆頭に、個々人の様々なアイディアやクリエイティブが集まり、国内外で人気のクリエイター達との交流の場でもあります。日本のユニークで世界的な人気を誇るカルチャーと、あらゆるActivityが交わり合うことで、ここでしか味わえない独創的な空間を体験できるでしょう。

「DreamHack」気分を満喫できるTwitterキャンペーンも開催!

また今回の情報解禁を記念して、Twitterにて「DreamHack Winter」限定グッズが当たるフォロー&リツイートキャンペーンも開催中。12月9日(金)の「DreamHack Day」の前に限定グッズを手に入れたい方はチェックしてみましょう。

《ジュイス内藤@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. “著作権者不明”なゲームに朗報?新制度で加速していく復刻・リメイク―「ゲームアーカイブ推進連絡協議会カンファレンス」松田真氏発表

    “著作権者不明”なゲームに朗報?新制度で加速していく復刻・リメイク―「ゲームアーカイブ推進連絡協議会カンファレンス」松田真氏発表

  2. ポケカ専門店「晴れる屋2」が「ポケモンイラストレーター」を2億円で販売中―社内でも限られた人間しか保管場所を知らない厳重っぷり

    ポケカ専門店「晴れる屋2」が「ポケモンイラストレーター」を2億円で販売中―社内でも限られた人間しか保管場所を知らない厳重っぷり

  3. 海外プロレスに『スト6』のジュリが参戦!? ゼリーナ・ベガ選手がコスプレ入場

    海外プロレスに『スト6』のジュリが参戦!? ゼリーナ・ベガ選手がコスプレ入場

  4. 保育園のお昼寝で…知る人ぞ知る名フリゲ『いりす症候群!』の曲を演奏する海外ゲーマーに作曲者が感謝

  5. 海外ユーザーが伝説的PS4ホラー『P.T.』を意外な所で発見も…ちょっとした好奇心が思わぬ落胆を呼ぶ

  6. 『The Last of Us』テス役のアニー・ワーシングさんが45歳で死去―ゲーム開発元も追悼文を公開

  7. 海外女子プロレスラーのゼリーナ・ベガ選手が「バルログ」のコスプレで入場!

  8. 『Kanon』『AIR』などの樋上いたる氏による「参考書」が話題―表紙イラストが“鍵っ子”に刺さる

  9. 【コスプレ】新たな潮流となるか『NIKKE』、『FGO』『NieR』も健在!「acosta!@福岡PayPayドーム」美女レイヤー5選【写真20枚】

  10. さらに雰囲気抜群に!?リメイク版『Dead Space』トレイラーをPS1風ローポリにするファンメイド映像

アクセスランキングをもっと見る

page top