『ホグワーツ・レガシー』は「GDQ」で禁止…「ハリー・ポッター」原作者J・K・ローリングのトランス嫌悪が理由か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ホグワーツ・レガシー』は「GDQ」で禁止…「ハリー・ポッター」原作者J・K・ローリングのトランス嫌悪が理由か

手練の走者によるホグワーツ探索は見たいものです。

ゲーム文化 カルチャー
『ホグワーツ・レガシー』は「GDQ」で禁止…「ハリー・ポッター」原作者J・K・ローリングのトランス嫌悪が理由か
  • 『ホグワーツ・レガシー』は「GDQ」で禁止…「ハリー・ポッター」原作者J・K・ローリングのトランス嫌悪が理由か
  • 『ホグワーツ・レガシー』は「GDQ」で禁止…「ハリー・ポッター」原作者J・K・ローリングのトランス嫌悪が理由か
  • 『ホグワーツ・レガシー』は「GDQ」で禁止…「ハリー・ポッター」原作者J・K・ローリングのトランス嫌悪が理由か

世界最大規模のRTAイベント「Awesome Games Done Quick」において、禁止されているゲームのリストに『ホグワーツ・レガシー』が含まれていることが分かりました。

GDQのゲーム提出ガイドによると、ストリームに不適切なコンテンツや起源を持つゲームが禁止リストに入るとのことで、他には『ゴッド・オブ・ウォー』などが記載されています。

『ホグワーツ・レガシー』はグロテスクであったりアダルト表現のあるゲームではないため、このリストに加えられる理由として「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリング氏が、トランスジェンダーに対して否定的な姿勢を示していることが原因である可能性が考えられます。



GDQは以前にもオフラインでの開催を予定していた「Awesome Games Done Quick」を、開催予定地であるフロリダ州が同性愛者への攻撃性を高めているなどの理由からオンラインへと切り替えています。したがって、同様の理由で『ホグワーツ・レガシー』を禁止ゲームリストに加えていてもおかしくありません。


ユーザーからの評価も高く、コミュニティを盛り上げている本作。手練の走者によるRTAが見れないのは残念ですが、運営側としても難しい判断なのかもしれません。


ホグワーツ・レガシー- PS5
¥8,082
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ストラテジー人気が大幅低迷…!?調査期間9年、150万人のゲーマーから得たデータが示すゲームモチベーションの傾向

    ストラテジー人気が大幅低迷…!?調査期間9年、150万人のゲーマーから得たデータが示すゲームモチベーションの傾向

  2. 早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース

    早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース

  3. 「ユーザーを待たせるのは申し訳ない」桜井政博氏『カービィのエアライド』にてドルビーサラウンド不採用の理由明かす

    「ユーザーを待たせるのは申し訳ない」桜井政博氏『カービィのエアライド』にてドルビーサラウンド不採用の理由明かす

  4. 「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露

  5. 俳優・中尾彬さん、心不全により逝去…『ジャッジアイズ』シリーズにも「源田先生」で出演、主要キャラクターを務める

  6. 『Fallout』でお馴染み「Pip-Boy」のレプリカの進化の歴史を「怪しい伝説」アダム氏が語る映像公開に―全ては「世界一危険なおもちゃ」から始まった!?

  7. 最高同接は30万超え!SHAKAによる『スト6』イベント「LEGENDUS」視聴者数が明らかに―EVOやCAPCOM CUPにも迫る勢い

  8. エイリアンの攻撃に耐えながら惑星の中心部を目指す採掘ストラテジー『Drill Core』プレイテスト開始!

  9. 王様の見ているときだけ国民が働くローグライト王国建設ゲーム『The King is Watching』発表!

  10. AIがゲーム友達に?『マインクラフト』でAIアシスタント「Copilot」を使用した動画公開

アクセスランキングをもっと見る

page top