あの作品の幻のプロトタイプ!FCの任天堂格ゲー『ジョイメカファイト』前身『BATTLE BATTLE LEAGE』―『ジョイメカ』発売30周年記念に当時開発者が情報公開、開発秘話も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あの作品の幻のプロトタイプ!FCの任天堂格ゲー『ジョイメカファイト』前身『BATTLE BATTLE LEAGE』―『ジョイメカ』発売30周年記念に当時開発者が情報公開、開発秘話も

開発者が語る、本作の前身の裏話。

ニュース ゲーム業界
あの作品の幻のプロトタイプ!FCの任天堂格ゲー『ジョイメカファイト』前身『BATTLE BATTLE LEAGE』―『ジョイメカ』発売30周年記念に当時開発者が情報公開、開発秘話も
  • あの作品の幻のプロトタイプ!FCの任天堂格ゲー『ジョイメカファイト』前身『BATTLE BATTLE LEAGE』―『ジョイメカ』発売30周年記念に当時開発者が情報公開、開発秘話も
  • あの作品の幻のプロトタイプ!FCの任天堂格ゲー『ジョイメカファイト』前身『BATTLE BATTLE LEAGE』―『ジョイメカ』発売30周年記念に当時開発者が情報公開、開発秘話も
  • あの作品の幻のプロトタイプ!FCの任天堂格ゲー『ジョイメカファイト』前身『BATTLE BATTLE LEAGE』―『ジョイメカ』発売30周年記念に当時開発者が情報公開、開発秘話も
  • あの作品の幻のプロトタイプ!FCの任天堂格ゲー『ジョイメカファイト』前身『BATTLE BATTLE LEAGE』―『ジョイメカ』発売30周年記念に当時開発者が情報公開、開発秘話も
現在はスイッチで遊べます

任天堂が1993年に発売したファミコン向けロボット対戦格闘アクション、『ジョイメカファイト』が5月21日に発売30周年を迎えました。

ファミコンでは珍しい、本格的なロボ格ゲー

本作は1993年にファミコン向けに発売されたロボット格闘対戦アクションゲーム。イーモン博士の作ったロボット「スカポン」を操作して数々の敵と戦い、戦闘に勝利することで使用可能になるキャラクターがどんどん増えていくシステムですが、そのキャラクター数は総勢で36体と現代の作品と比較してもかなりの数を誇っています。

キャラクターに関節がなく、手足が浮いている独特のデザインも特徴的であり、後にニンテンドースイッチ向けに発売された『スマブラSP』ではアシストフィギュアのうちの1体として本作の「スカポン」が登場しています。

本作の前身『BATTLE BATTLE LEAGE』の裏話も

そんな本作の発売30周年に際して、Twitter上では興味深いツイートも。本作は実は、学生たちが製作した作品だったことは読者の皆様はご存知だったでしょうか?『ジョイメカファイト』は1990年から1992年にかけて開催されていた学生向けの「任天堂・電通ゲームセミナー」にて、後に任天堂で多数の『マリオ』シリーズを手掛けることになった林田宏一氏を中心に制作されたプロトタイプを元に、製品としてブラッシュアップされたものだというのです。

そんな、本作の前身にあたるプロトタイプの名前は『BATTLE BATTLE LEAGE』。当時の学生側の制作者の一人であった、かしゅう(@kasyuzou)氏は、そのディスクを部屋の整理中に発見したのだそう。試しに起動してみたところ動作したとのことで、この『ジョイメカファイト』30周年にあたって、その画像や映像を公開しています。

気になるその内容としては、『BATTLE BATTLE LEAGE』時代には「キャラクター8体、敵4体」という構想だったとのこと。『ジョイメカファイト』になるにあたって大きく変化が加えられたことも述べられています。また主人公もスカポンではなくホノオにあたる「Ninden(Nintenndo Dentsuから取られた名前)」なのだそうです。

さらにプレイヤーが技や動きを設定できる「コンストラクションモード」のボツ案など、『ジョイメカファイト』や『BATTLE BATTLE LEAGE』の開発にまつわる様々な裏話を同氏は投稿しています。

発売30周年を迎えてもなお輝くオーパーツである『ジョイメカファイト』は現在、『Nintendo Switch Online』に加入することでプレイ可能です。


Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド
¥32,970
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kurokami》

チャーシュー麺しか勝たん kurokami

1999年生まれ。小さい頃からゲームに触れ、初めてガチ泣きした作品はN64の『ピカチュウげんきでちゅう』です。紅蓮の頃から『FF14』にどハマりしており、Game*Spark上ではのFF14関連の記事を主に執筆しています。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. リメイク版『Alone in the Dark』開発会社閉鎖へ。Embracer Groupが2017年に買収

    リメイク版『Alone in the Dark』開発会社閉鎖へ。Embracer Groupが2017年に買収

  2. 2000年代に発売予定だった海賊アクションゲーム『Captain Blood』が再発表! PC/コンソール向けに2024年秋発売決定

    2000年代に発売予定だった海賊アクションゲーム『Captain Blood』が再発表! PC/コンソール向けに2024年秋発売決定

  3. 2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

    2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

  4. パラド新作生活シミュ『Life by You』の開発が中止―再々々延期から復活ならず

  5. 『ガンダムブレイカー3』などセール最安値を更新!『カプコンアーケード 2ndスタジアム』は1本あたり“約52円”と大特価【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  6. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  7. 『CONTROL』主人公がプレイアブルに!『Alan Wake 2』新ストーリーDLC「NIGHT SPRINGS」新情報発表&明日解禁―パッケージ版も発売へ【Summer Game Fest速報】

  8. 『Dark and Darker』ネクソンによるサービス中断の仮処分申請が棄却へ―但し判決にはまだ十分な証拠調査が必要か

  9. “非常に好評”サバイバルACT『Wizard with a Gun』開発元Galvanic Gamesが閉鎖へ…創設者曰く「売上はスタジオ存続に十分でなかった」

  10. エクスペリエンス新作は2DフィールドハクスラRPGとDRPG!『モンカルファンタ 勇者と水晶の少女』『デモンキルデモン:黄泉1984(仮題)』新情報公開

アクセスランキングをもっと見る

page top