ストリーマーに人気の『Only Up!』に「モノマネ」作品続々と、今後も増加か―いちジャンルとして地位を確立する可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ストリーマーに人気の『Only Up!』に「モノマネ」作品続々と、今後も増加か―いちジャンルとして地位を確立する可能性も

『Only Up!』の問題点を解消できるかどうかも課題か。

ニュース ゲーム業界
ストリーマーに人気の『Only Up!』に「モノマネ」作品続々と、今後も増加か―いちジャンルとして地位を確立する可能性も
  • ストリーマーに人気の『Only Up!』に「モノマネ」作品続々と、今後も増加か―いちジャンルとして地位を確立する可能性も
  • ストリーマーに人気の『Only Up!』に「モノマネ」作品続々と、今後も増加か―いちジャンルとして地位を確立する可能性も
  • ストリーマーに人気の『Only Up!』に「モノマネ」作品続々と、今後も増加か―いちジャンルとして地位を確立する可能性も
  • ストリーマーに人気の『Only Up!』に「モノマネ」作品続々と、今後も増加か―いちジャンルとして地位を確立する可能性も

ストリーマーを中心に高い人気を集めるSCKR Gamesの『Only Up!』ですが、そんな同作のフォロワーとなる作品が多数登場しています。

ストリーマーに人気の『Only Up!』

『Only Up!』は、2023年5月に配信されたイライラ系3Dアクションです。ごちゃごちゃと設置されたオブジェクトを渡り歩き、空へ空へと登っていくことが目的の作品です。

うっかり足を踏み外してしまうと下に落ちてやり直しになってしまいますが、少しでも接地していたらよじ登ってくれたり、時間をスローにできたりと遊びやすいシステムが搭載されているため、『Getting Over It』や『Jump King』などよりも比較的難易度が易しくなっていることが特徴のひとつです。

当初は権利関係が明確でないアセットを無断使用していた疑惑がありましたが、アップデートにて解消。Twitchでは28万人近くが視聴し、YouTubeにも人気配信者の動画がアップされるなど、高い注目を浴びています。

登りすぎ?増えるフォロワー作品

そんな同作に似た作品が、Steamを中心に増え始めています。『MAD WAY』という作品は『Only Up!』同様慎重なジャンプや移動の調整が求められる作品ですが、車両を使うことができるのが特徴。車両はより速く登るために有用ですが、わずかな間違いで転倒するリスクも備えているといいます。

加えて、グローバルリーダーボードも搭載されており、世界中のプレイヤーと速さを競うことができます。

7つの大罪に囚われた男が主人公の『Climbing Mountain Sins』は、物理的な難しさだけでなく意志力が試されることが特徴です。それぞれの大罪を題材にしたエリアが築かれているといい、より強いテーマ性を持った作品になっていそうです。リプレイ性も備わっており、複数のルートや隠された収集アイテムがあるとのことです。

この2作にとどまらず、今後さらなるフォロワー作品が登場することが考えられます。うまく行けば、ひとつのジャンルとして成長する可能性もあるでしょう。『Only Up!』はバグの多さや理不尽な初見殺し、中断ができない仕様などといった問題が指摘されていることも少なくなく、後続作品がこういった点を解消できるかどうかにも注目が集まります。

なお、本記事を書いている最中にも、『Only One Way Up』という作品が公開されていました。こちらはシンプルにオブジェクトを渡って登るという作品であるようです。


Logicool G ゲーミングヘッドセット ブラック 有線 G335BK
¥6,589
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Razer Kraken Mercury White ゲーミングヘッドセット RZ04-02830400-R3M1
¥7,051
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

    『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

  2. 【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

    【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

  3. 『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

    『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

  4. トランプ氏銃撃事件の犯人を騙る「フェイクのSteamアカウント」に翻弄される海外メディア―意味深な書き込みは不謹慎なイタズラか

  5. 鬼ならぬゲイブ氏も笑う?次回サマセ含む、2025年前半のSteamセール・フェス情報が早くも公開「放置ゲームフェス」や「ゾンビvs吸血鬼フェス」など注目イベントも

  6. 古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

  7. 地下採掘サンドボックス『Core Keeper』コンソール版が2024年夏に登場!―Steam版正式リリースにあわせて配信

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 普通に遊んでみたいんですけど!?インティ・クリエイツの16bitロボアクション『精霊機フレイリート』プロジェクト始動!【エイプリルフール】

  10. 『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

アクセスランキングをもっと見る

page top