3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か

オートバトラーDRPG『Dragon Ruins』、日本での売上が米国超え。日本語対応とDRPGジャンル人気の相乗効果か。

PC Windows
3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か
  • 3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か
  • 3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か
  • 3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か
  • 3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か

3DダンジョンオートバトラーRPG『Dragon Ruins』の製作者であるRomanus Surt氏は、同作の日本での売上本数が米国での売上本数を上回ったことをX上で報告しました。

日本語対応と日本で人気の高いDRPGの相乗効果か

『Dragon Ruins』はワイヤーフレームで描かれた3Dダンジョンを4人パーティで探索し、モンスターとはオートバトルで戦うDRPGで、5月21日には日本語に対応しました。弊誌では過去記事で本作について幾度か取り上げていますので、そちらも参考にしてください。



こうした日本語対応が、本作の日本での好評な売り上げに繋がったのだと思われますが、そもそも日本では『ウィザードリィ』をはじめとした、一人称視点・マス目式移動が特徴のゲームジャンル「DRPG」が一定の愛好家を持つジャンルとして成立しているのも関係しているのでしょう。

なお、Game*Sparkがパブリッシングを担当しているウィザードリィ外伝 五つの試練』のSteam版も、売り上げは圧倒的に日本からのものが英語圏からのものを上回っています(もっとも、『五つの試練』は元々日本オリジナルで制作されたという経緯もありますが)。


『Dragon Ruins』は、Steamで580円で配信中です。

《ずんこ。》

石の中にいたいブロガー ずんこ。

ダンジョンの間に挟まれたい系男子。某掲示板でRPGツクールに目覚めその進捗目的でブログを書き始めるも、いつの間にかDRPGが中心の内容に変わっていた。 DRPGと麻雀・ポーカーゲームと元ネタとの差別化が光るフォロワー系ゲームをこよなく愛する。サービス終了したアーケードゲーム『ポーカースタジアム』の公式大会優勝という凄いんだか凄くないんだかわからない肩書きも持つ。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 水着美女が魚を獲って悪党と戦う『デイジー・ザ・スイマー』Steamストアページ公開―島の隠された真実を暴くミステリー要素も

    水着美女が魚を獲って悪党と戦う『デイジー・ザ・スイマー』Steamストアページ公開―島の隠された真実を暴くミステリー要素も

  2. 『エルデンリング』DLC「SHADOW OF THE ERDTREE」機種別プレイ開始日時が発表―本編同時アプデでキャラクリパーツやサイン溜まり等の機能も拡張へ

    『エルデンリング』DLC「SHADOW OF THE ERDTREE」機種別プレイ開始日時が発表―本編同時アプデでキャラクリパーツやサイン溜まり等の機能も拡張へ

  3. Steam“圧倒的に好評”のヴァンサバ系ローグライトACT『Halls of Torment』日本語を含む多数の言語に対応!

    Steam“圧倒的に好評”のヴァンサバ系ローグライトACT『Halls of Torment』日本語を含む多数の言語に対応!

  4. 4人Co-op対応90年代クライムFPS『Crime Boss: Rockay City』プレイテスト発表!リリース時は20%オフセールも実施

  5. 期待のオープンワールドサバイバル『Rooted』28分のゲームプレイ映像が公開―修道院の奥深くに隠された秘密とは

  6. 『SILENT HILL』外山圭一郎氏新作『野狗子: Slitterhead』Steamストアページ公開―「憑鬼」となり怪物殲滅に奔走するバトルアクションADV

  7. 『シムシティ4』を20年以上遊び続けたプレイヤー、5000万人都市を達成…「私のもう1つの顔は都市計画家です」

  8. 『ウィザードリィ』の緊張感が1プレイ15分のローグライクRPGに!?新作RPG『Wizlite』早期アクセスは2024年夏から―6月22日開催の「TOKYO SANDBOX」への出展も決定

  9. ハチャメチャセクシーACTがついに復活!『LOLLIPOP CHAINSAW RePOP』9月26日発売決定、PS5/スイッチはパッケージ版も予約開始

  10. オープンワールド農業シム『Farmer's Dynasty 2』新ゲームプレイ映像!広大な農場で働きながら田舎暮らしを堪能

アクセスランキングをもっと見る

page top