やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい

『ストリートファイター6』Year 2では過去作から再登場のベガ、エレナと、『餓狼伝説』からのゲストであるテリー、舞の4名です。

ゲーム文化 カルチャー
やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい
  • やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい
  • やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい
  • やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい
  • やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい
  • やっぱり見たかった?完全新規キャラ…『スト6』Year 2発表で議論―とはいえ過去作キャラは新鮮な気持ちで遊べる&ゲストキャラも嬉しい

カプコンは、2024年6月8日の「Summer Game Fest 2024」にて対戦格闘ゲーム『ストリートファイター6(以下、スト6)』のYear 2に追加する4人のキャラクターを発表。それらが“完全新規キャラクター”でないことについて、ファンから賛否があがっているようです。

◆“完全新規キャラクター”は必要か否か

『スト6』のYear 2で登場するのは、ベガ(6月26日追加予定)、テリー・ボガード(秋)、不知火 舞(2025年冬)、エレナ(2025年春)の4名です。

ベガとエレナはそれぞれ過去作からの再登場。テリー・ボガードと不知火舞については、SNKの対戦格闘ゲーム『餓狼伝説』や『ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)』シリーズからのゲストキャラクターです。

◆コラボキャラも嬉しいけど…やっぱり見たい?完全新規キャラ

今回、完全新規キャラクターが4人ラインナップされることについてSNSでは賛否両論上がっており、喜びの声がある一方で、過去作や他作品とのシナリオ的な問題や、「古参格闘ゲーマーと新規プレイヤーの間で温度差が生まれてしまっている」という声など、完全新規キャラクターであってほしかった声も少なからず挙がっています。

本作に自動実況機能として出演するキャスターのアール氏もこれに言及。完全新規キャラクターを求める声に「意外だった」としたうえで、これまで本作に登場した過去作のキャラクターも「『新キャラかよ?』と思うほど動きの幅が広い」と、新たなバトルシステムではどんなキャラクターも新鮮な気持ちでプレイできると述べています。

古参格闘ゲーマーにとっては嬉しい発表であることは事実である一方で、“感情的な側面では”新規プレイヤーがやや置いてけぼりになってしまうこともあるかもしれません。

とはいえ、『本作向けに調整された4名のキャラクターに触れるのは全てのプレイヤーが等しく同じタイミングです。例え『スト6』から始めた(そしてこれから始める)プレイヤーであっても、気負いせずに新規キャラクターで遊ぶような感覚でプレイすればなんら問題はないでしょう。

余談ですが、このような賛否が生まれることそのものが本作の盛り上がりを証明していると言えるかもしれません。


『ストリートファイター6』は、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Steam向けに発売中。Year 2の第一弾「ベガ」は6月26日(水)より登場します(Year 2の追加キャラクターを含む「Year 2 キャラクターパス」あるいは「Year 2 アルティメットパス」が必要です)。

また、6月17日~19日頃まで『ストリートファイター6』が50%オフの3,995円(税込)で購入できるセールも実施中。プラットフォームによってセール終了日時は異なるため、詳細は「CAPCOM JUNE SALE」特設サイトをご確認ください。


【PS5】ストリートファイター6
¥6,964
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Okano》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. スクエニ・吉田直樹氏、『FF9リメイク』は作っていないと否定―「喧嘩するのはやめて」

    スクエニ・吉田直樹氏、『FF9リメイク』は作っていないと否定―「喧嘩するのはやめて」

  2. 『ペルソナ』シリーズの影響受けた日本舞台の農業生活シム『サニーサイド』配信開始!

    『ペルソナ』シリーズの影響受けた日本舞台の農業生活シム『サニーサイド』配信開始!

  3. サーバーの電源ケーブルを抜線しなければいけないほど…「ニコニコ」へのサイバー攻撃の苛烈さが調査報告より明らかに

    サーバーの電源ケーブルを抜線しなければいけないほど…「ニコニコ」へのサイバー攻撃の苛烈さが調査報告より明らかに

  4. MMO版『ボーダーランズ』はアリ?ナシ?Gearbox創設者がアンケート実施

  5. 新展開か?音だけADV『リアルサウンド~風のリグレット~』出演声優探してます―飯野賢治氏の妻が告知

  6. 大掛かりすぎない…?多忙なパパさんやりこみゲーマーが編み出した『ペーパーマリオRPG』自動レベル上げ装置とは

  7. トラブルの匂いを漂わせながらノベルゲーム開発ソフト「Polaris Engine(旧Suika2)」サイトが一時消失……フリーゲーム開発者らに衝撃走る

  8. ZETA DIVISIONが再び「オーバーウォッチ部門」設立を発表!Fearless、Viol2tら計7名の強豪プレイヤーが加入へ

  9. ああわが青春のニコニコ動画再び…2007年人気だったゲーム動画を「ニコニコ動画(Re:仮)」で振り返ろう

  10. オープンワールドファンタジーRPG『The Wayward Realms』Kickstarter目標額の約7,850万円を12日間で達成!

アクセスランキングをもっと見る

page top