E3 09: ピーター・モリニューの新プロジェクトはモーションカメラ対応の『Milo』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3 09: ピーター・モリニューの新プロジェクトはモーションカメラ対応の『Milo』

Lionheadの新作がMSカンファレンスで発表されるとE3開催前から噂になっていましたが、その発表会のフィナーレを飾ってPeter Molyneux氏がステージに登場。マイクロソフトの新型モーションカメラに対応した画期的な新作ゲームのデモを披露しました。

家庭用ゲーム Xbox360


Lionheadの新作がカンファレンスで発表されるとE3開催前から噂になっていましたが、その発表会のフィナーレを飾ってPeter Molyneux氏がステージに登場。マイクロソフトの新型モーションカメラ“Project Natal”に対応した画期的な新作ゲームのデモを披露しました。

Milo”という名前の少年が登場するこのデモは、プレイヤーが画面上のキャラクターとコミュニケーションする『シーマン』のようなインタラクティブ性の高いゲーム。Miloはまるで本物の人間のようにプレイヤーと会話をすることが可能で、プレイヤーの表情や会話の内容によって様々な感情を表します。

また、プレイヤーはMiloの住む世界に手で触れることができるだけでなく、紙に描いた絵を画面上のMiloに渡すと、Miloはその絵の形や色を認識してしまうそうです。

Project Natalを利用した作品や技術の登場によって、テレビゲームの形式が全く変わると話すMolyneux氏。まだ開発の真っ最中だという“Milo”は、今回関係者のみにブースの裏で展示されるようです。
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

    『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 高評価サイバーパンクACT『RUINER』のニンテンドースイッチ版がまもなく登場!

  5. 一人でも友達とでも遊べるハクスラARPG『ウォーハンマー:Chaosbane』PS4版プレイレポート

  6. 『侍道外伝 KATANAKAMI』シリーズお馴染みの「先生」も登場決定!謎のフロアや新キャラクターなど、発売開始に伴い新情報が一挙公開

  7. サバイバルホラーACT『デイメア:1998』日本語版がPS4/PC向けに発売!限られた弾薬で恐怖と向き合え

  8. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. ニンテンドースイッチLiteの新色「コーラル」が3月20日発売決定!3月7日より予約受付スタート─春にぴったりなピンク色

  10. 『鉄拳7』全世界販売数500万本突破!登場キャラ大集合の記念イラスト公開―中には原田勝弘氏の姿も?

アクセスランキングをもっと見る

page top