コーヒーカップも武器になる?ソニーが新たなモーション操作技術を特許出願 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コーヒーカップも武器になる?ソニーが新たなモーション操作技術を特許出願

ソニーが新たに別のPS3用モーションコントロール技術を特許申請していることが分かりました。プレイヤーの手に持った立体オブジェクトをカメラが認識し、ゲームコントローラーとして代用させることができるというものです。

家庭用ゲーム PS3


E3 2009ではワンド型コントローラとカメラを使ったモーション操作デバイスを披露したソニーですが、新たに別のPS3用モーションコントロール技術を特許申請していることが分かりました。

Siliconeraが資料を入手したこの技術は、プレイヤーが手に持った現実世界の立体オブジェクトをカメラが認識し、ゲームコントローラーとして代用させることができるそうです。



上の資料では「U」字型の物体が描かれていますが、利用できるオブジェクトに制限はなく、コーヒーカップ、本、ボトルといった日用品をはじめ、あらゆる物を使用できるとのこと。オブジェクトを認識させるには、カメラの前で取り込みたい物体を回転させるだけで、ファイルとして保存できるようです。

マイクロソフトのProject Natalと重なる部分も多いですが、「コントローラーの存在しない」Natalとは対照的に「どんな物でもコントローラーにできる」というのは、また一つ新しいゲームの可能性が生まれるかもしれません。いつか製品化される日が来るのでしょうか。(ソース: Siliconera: Sony Patents A Motion Control System That Uses Ordinary Objects As Controllers)


【関連記事】
宮本茂氏、XboxのNatalについて「ゲームは手に握るコントローラーが必要」
海外アナリスト「PS3モーションコントローラーはNatalよりも優れたゲーム環境」
任天堂岩田社長、ソニーとMSのモーションコントロールは「予想よりも登場が遅い」
E3 09: マイクロソフト、噂のモーションカメラ『Project Natal(仮)』を発表
E3 09: ソニー、プレイステーション用のモーションコントローラーを発表
振動機能も搭載?ソニーがPS3モーションコントローラーの詳細を開発者に公開
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 美麗に進化した『龍が如く 維新! 極』新キャスト含むキャラ紹介や序盤ストーリーの情報公開

    美麗に進化した『龍が如く 維新! 極』新キャスト含むキャラ紹介や序盤ストーリーの情報公開

  2. 『Forza Horizon 5』に2作目以来の日本語吹替追加!現地時間12月6日のアップデートで

    『Forza Horizon 5』に2作目以来の日本語吹替追加!現地時間12月6日のアップデートで

  3. 『ウィッチャー3 ワイルドハント』国内累計販売本数100万本突破―次世代機版発売は12月14日

    『ウィッチャー3 ワイルドハント』国内累計販売本数100万本突破―次世代機版発売は12月14日

  4. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』最新アプデで「ねむり状態」に修正が―ようやく“目を閉じて”眠れるポケモンたち

  5. 『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』DLCは望み薄?ディレクター語る―「既に自分たちの持てるすべてを注ぎ込んだと思う」

  6. スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

  7. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』各種不具合について「これからも改善を続けていく」と異例のコメント

  8. CERO Z指定の心霊ホラーADV『死噛~シビトマギレ~』PS4/スイッチ向けに発売!

  9. Naughty Dogが『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』のリリースを祝福!『ラスアス』キャラとのコラボイラストが

  10. 2023年2月に終了の『バビロンズフォール』幻に終わった大規模改修の一部を適用して最終シーズン開始

アクセスランキングをもっと見る

page top