コーヒーカップも武器になる?ソニーが新たなモーション操作技術を特許出願 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コーヒーカップも武器になる?ソニーが新たなモーション操作技術を特許出願

家庭用ゲーム PS3



E3 2009ではワンド型コントローラとカメラを使ったモーション操作デバイスを披露したソニーですが、新たに別のPS3用モーションコントロール技術を特許申請していることが分かりました。

Siliconeraが資料を入手したこの技術は、プレイヤーが手に持った現実世界の立体オブジェクトをカメラが認識し、ゲームコントローラーとして代用させることができるそうです。



上の資料では「U」字型の物体が描かれていますが、利用できるオブジェクトに制限はなく、コーヒーカップ、本、ボトルといった日用品をはじめ、あらゆる物を使用できるとのこと。オブジェクトを認識させるには、カメラの前で取り込みたい物体を回転させるだけで、ファイルとして保存できるようです。

マイクロソフトのProject Natalと重なる部分も多いですが、「コントローラーの存在しない」Natalとは対照的に「どんな物でもコントローラーにできる」というのは、また一つ新しいゲームの可能性が生まれるかもしれません。いつか製品化される日が来るのでしょうか。(ソース: Siliconera: Sony Patents A Motion Control System That Uses Ordinary Objects As Controllers)


【関連記事】
宮本茂氏、XboxのNatalについて「ゲームは手に握るコントローラーが必要」
海外アナリスト「PS3モーションコントローラーはNatalよりも優れたゲーム環境」
任天堂岩田社長、ソニーとMSのモーションコントロールは「予想よりも登場が遅い」
E3 09: マイクロソフト、噂のモーションカメラ『Project Natal(仮)』を発表
E3 09: ソニー、プレイステーション用のモーションコントローラーを発表
振動機能も搭載?ソニーがPS3モーションコントローラーの詳細を開発者に公開
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

    『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  2. 『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

    『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

  3. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

    プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  4. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  5. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  6. 『シェンムー3』美麗な街並みや涼の姿を収めた新ショット3枚が披露

  7. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  8. 【特集】『バトルフィールド1』オリジナルエンブレムの作り方―手順をガイド

  9. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

  10. 『ローグ・レガシー』開発元新作『Full Metal Furies』Steam配信!4人プレイ対応

アクセスランキングをもっと見る

page top