『プレイステーション・アーク』『グラディウス・アーク』の商標が確認 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『プレイステーション・アーク』『グラディウス・アーク』の商標が確認

ソニーは来週開催されるGDC 2010で、PS3専用モーションコントローラの実演公開を予定していますが、その正式名称として噂される“PlayStation Arc”という名前が、国内特許庁のデータベースに最近登録されているのが見つかったそうです。

家庭用ゲーム PS3
ソニーは来週開催されるGDC 2010で、PS3専用モーションコントローラの実演公開を予定していますが、その正式名称として以前から噂される“PlayStation Arc(プレーステーション・アーク)”という名前が、国内特許庁のデータベースに最近登録されているのが見つかったそうです。また、コナミからは、“Gradius Arc(グラディウス・アーク)”なる商標が登録されているのが見つかり、モーションコントローラとの関連性が噂されていますが、真相は今のところ不明です。(ソース: Siliconera: A PlayStation Arc Trademark, Wonder What That’s For…, Siliconera(2))

UPDATE: 英語表記のスペルミスを修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。


【関連記事】
噂: 『Killzone 3』は3D及びモーションコントロール対応でクリスマスに発売
噂: 『Tomb Raider』最新作がモーションコントローラー対応で2011年発売
ソニー、PS3モーションコントローラをGDCで実演。ワイヤレスヌンチャクの噂も…
PS3専用モーションコントローラ(仮称)が2010年秋に発売延期
噂: PS3専用モーションコントローラの正式名称は“Arc”に決定?
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

    『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  2. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

    『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  3. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

    『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  4. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  5. 『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

  6. 『FF7 リメイク』TGS2019ステージのアーカイブ映像公開!イフリートを召喚するアプス戦やクラシックモードの情報も

  7. 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』9月17日発売!シリーズの原点をスイッチで楽しめる

  8. 『CoD:MW』メディアセッションレポー掲げられた5つの「ドグマ」とは【TGS2019】

  9. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

  10. 熱狂、そして“つながり”『DEATH STRANDING』ボイスタレントセッションレポ!【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top