『Unreal Development Kit』の料金体系、Epicへ支払うロイヤリティーは25% | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Unreal Development Kit』の料金体系、Epicへ支払うロイヤリティーは25%

PC Windows

Epic Gamesは、昨年末にリリースされたUnreal Engine 3の無料版となるUnreal Development Kit(UDK)のライセンスに関する料金体系を明らかにしています。使用法にあわせて様々なライセンス料が発生、商業目的での使用においては収益に応じた支払いも必要となります。
*UDKを内部での使用に限定し、UDKを使用してつくられたアプリケーションを第三者に配布しない場合
→ UDKをインストールした開発席ひとつにつき、年間2.500ドルのライセンス料

*UDKを使ってつくったゲームやアプリケーションをエンドユーザー・クライアントに販売・配布する場合
→開発席のライセンス料の代わりに、完成時に99.99ドルのライセンス料+売り上げに応じたロイヤリティー(UDKに関連した報酬のうち、最初の5,000ドルについては0%、それを5,000ドル上回ると25%)

例えばゲーム開発の場合、開発期間中は料金が発生せず、ゲームを発売すると99.99ドルのライセンス料を支払います。発売後に15,000ユーロを稼いだ場合、最初の5,000ユーロについては0%なので無料、残りの10,000ユーロの25%分、2,500ユーロをEpicに支払う必要があります。以降の収益においても25%のロイヤリティーは発生するため、そのゲームが売れれば売れるほどEpicへの支払額も上がっていく仕組み。

趣味や教育目的かつ非商業目的であれば無料。ただし趣味が高じたり、学校でつくってみたりしたものをもし売ろうとするなら、99ドルのライセンス料が必要となります。それが無料ゲームであっても、広告などの商業的要素があれば、やはりライセンス料が必要となります。

UDKは現在のところPCのみ利用可能となっていますが、将来的にはコンソールをサポートすることも検討されています。(ソース: Epic UDK via GI: Epic to take 25% royalty fee for UDK)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 「Discord」日本サーバーが遂に追加!サーバーリージョンで日本が選択可能に

    「Discord」日本サーバーが遂に追加!サーバーリージョンで日本が選択可能に

  2. 大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張

    大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張

  3. Steam版『ひぐらし』シリーズなどがセットになった「The Humble MangaGamer and Friends Bundle」が限定販売

    Steam版『ひぐらし』シリーズなどがセットになった「The Humble MangaGamer and Friends Bundle」が限定販売

  4. PC版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』が期間限定無料配布!―シリーズ生誕10周年記念

  5. 元祖商業バトロワ『H1Z1』フリーウィークエンド開催決定!12月15日から開始予定

  6. PC版『アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!』Steam配信開始、新キャラの配信も決定!

  7. あの感動が蘇る…『大神 絶景版』Steam配信開始!―発売記念PVが公開

  8. 『DayZ』作者の新作宇宙ステーション建築ゲーム『Stationeers』早期アクセス開始

  9. 人気カードゲーム『Heart of Crown PC』Steam配信―実績対応/パッケージ版とクロスプレイも

  10. 『Destiny 2』レイド難易度「威光」などへのアクセス条件が修正へ―拡張パックが不要に

アクセスランキングをもっと見る

page top