『Unreal Development Kit』の料金体系、Epicへ支払うロイヤリティーは25% | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Unreal Development Kit』の料金体系、Epicへ支払うロイヤリティーは25%

Epic Gamesは、昨年末にリリースされたUnreal Engine 3の無料版となる Unreal Development Kit(UDK) のライセンスに関する料金体系を明らかにしています。使用法にあわせて様々なライセンス料が発生、商業目的での使用においては収益に応じた支払いも必要となります

PC Windows
Epic Gamesは、昨年末にリリースされたUnreal Engine 3の無料版となるUnreal Development Kit(UDK)のライセンスに関する料金体系を明らかにしています。使用法にあわせて様々なライセンス料が発生、商業目的での使用においては収益に応じた支払いも必要となります。
*UDKを内部での使用に限定し、UDKを使用してつくられたアプリケーションを第三者に配布しない場合
→ UDKをインストールした開発席ひとつにつき、年間2.500ドルのライセンス料

*UDKを使ってつくったゲームやアプリケーションをエンドユーザー・クライアントに販売・配布する場合
→開発席のライセンス料の代わりに、完成時に99.99ドルのライセンス料+売り上げに応じたロイヤリティー(UDKに関連した報酬のうち、最初の5,000ドルについては0%、それを5,000ドル上回ると25%)

例えばゲーム開発の場合、開発期間中は料金が発生せず、ゲームを発売すると99.99ドルのライセンス料を支払います。発売後に15,000ユーロを稼いだ場合、最初の5,000ユーロについては0%なので無料、残りの10,000ユーロの25%分、2,500ユーロをEpicに支払う必要があります。以降の収益においても25%のロイヤリティーは発生するため、そのゲームが売れれば売れるほどEpicへの支払額も上がっていく仕組み。

趣味や教育目的かつ非商業目的であれば無料。ただし趣味が高じたり、学校でつくってみたりしたものをもし売ろうとするなら、99ドルのライセンス料が必要となります。それが無料ゲームであっても、広告などの商業的要素があれば、やはりライセンス料が必要となります。

UDKは現在のところPCのみ利用可能となっていますが、将来的にはコンソールをサポートすることも検討されています。(ソース: Epic UDK via GI: Epic to take 25% royalty fee for UDK)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. DMM版『キングダムカム・デリバランス』デモ&インタビュー!新DLCやローカライズの詳細が明らかに【TGS2018】

    DMM版『キングダムカム・デリバランス』デモ&インタビュー!新DLCやローカライズの詳細が明らかに【TGS2018】

  2. 見た目“は”かわいい恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』早期アクセス開始!―中身は本格、人も食べられます

    見た目“は”かわいい恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』早期アクセス開始!―中身は本格、人も食べられます

  3. ローグライト宇宙船バトル『Fission Superstar X』配信日決定! 核爆弾を携えソーラーツアー

    ローグライト宇宙船バトル『Fission Superstar X』配信日決定! 核爆弾を携えソーラーツアー

  4. 焦りに追い込まれる一人称ホラー『The Conjuring House』リリース―ただ、生き延びろ

  5. 『P.T.』風一人称サイコホラー『Visage』早期アクセスが10月2日から開始!

  6. 横スクニンジャACT『Mark of the Ninja: Remastered』Steamストアページが登場、10月10日に配信開始―オリジナル所持者向け有償アップグレードも

  7. 『タワー オブ アイオン』謎のカウントダウンサイト「笛」が公開―徐々にヒントが明らかに

  8. 焚き火を眺める新作シム『Fire Place』がSteam配信中―揺れる炎で癒やされよう…

  9. SWAT突入横スクシューター『Door Kickers: Action Squad』日本語に対応!

  10. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top