噂の『GoldenEye 2010』は真実?Activisionが“GoldenEyeGame.com”をドメイン登録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂の『GoldenEye 2010』は真実?Activisionが“GoldenEyeGame.com”をドメイン登録

家庭用ゲーム Wii

昨年10月、元Eurocom EntertainmentのアニメーターCraig Peck氏の職務経歴からその存在がされたGoldenEye 2010ですが、パブリッシャーのActivisionが新たに“GoldenEyeGame.com”というドメインを登録してたことが明らかとなりました

今のところActivisionからの公式発表は行われていないのでまだ噂の域を出ませんが、ゴールデンアイの復活を心待ちにしている人は多いのではないでしょうか。今後の続報に期待です。
(ソース: superannuation via Joystiq)

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
Wiiで『GoldenEye 2010』が登場?元開発者の経歴表に記載
発売を切に願う、『ゴールデンアイ 007』の記事が載せられた雑誌のスキャン
『ゴールデンアイ 007』がついにXBLAで登場!? しかしMicrosoft Game Studiosは否定
『ゴールデンアイ 007』のマップや武器の削除は無し!XBLA版『Perfect Dark』
N64『ゴールデンアイ 007』をリアルで再現 Part2
レアが『ゴールデンアイ 007』などの名作をXbox Liveアーケードでリメイク?
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

    今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

  2. 『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

    『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

  3. 『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

    『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

  4. 『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

  5. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  6. 【特集】PS4版も登場!『グウェント ウィッチャーカードゲーム』日本語版プレビュー&開発インタビュー

  7. PS4『雷電V Director's Cut』発売決定―2人同時プレイや新ステージを追加!

  8. 【特集】王道!『PS StoreでDLすべきCERO Z洋ゲー』10選

  9. 『スプラトゥーン2』スイッチ同梱版、マイニンテンドーストアでは販売せず─カスタマイズには新色ジョイコンを追加予定

  10. 『ストリートファイターV』CFNが5月末に刷新、新キャラ「エド」や金網が懐かしいあのステージの復活も

アクセスランキングをもっと見る

page top