噂: Wii UにOriginやSteam搭載の可能性、EAが任天堂と積極的に交渉中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Wii UにOriginやSteam搭載の可能性、EAが任天堂と積極的に交渉中

ニュース 最新ニュース

今年4月、『Portal 2』の発売開始と共にValveのSteamworksがソニーのPlayStation 3に導入され、PCとコンソール機の垣根を超えた新たな展開を垣間見せていましたが、新たにElectronic ArtsのOriginと任天堂の新型機Wii Uでも、同様の連携を見る事が出来るかもしれません。

ネットワークエンジニアを友人に持つEAのインターン生から情報を得たという、海外サイトWii U GOによれば、現在EAはWii Uに搭載される予定のオンラインサービス開発を援助しており、ボイス・ビデオチャット、リーダーボード、フレンドリストといったシステムに関するノウハウを提供しているそうです。Xbox 360のXbox LIVEでは、パブリッシャーに対して厳しい規約が存在する事が度々噂されていますが、現在開発中のオンラインサービスはそれよりもさらに柔軟なものが目指されているとのこと。

そしてさらに上記の協力関係とは別に、Wii UにOriginを搭載しようと、EAが任天堂に対し交渉中である事があわせて伝えられています。同サイトの報道によれば、さらにValveもSteamをWii Uへ導入する事に興味を示しているそうですが、EAはSteamに対し競争的なアドバンテージを得る為、独占搭載を目指して任天堂と積極的に交渉を行なっているそうです。

なお情報提供者によれば、任天堂側はこの交渉を“西洋のユーザーとの関係を作りなおすチャンス”と考えているとのこと。今回の情報もソースの不確かな一つの噂である点には注意が必要ですが、噂が真実であれば、Originや何らかのダウンロード販売サービスを搭載したWii Uの姿を新たに見る事が出来るかもしれません。
(ソース: Wii U GO)


【関連記事】
任天堂がWii Uのマルチタブレット対応に取り組み中−海外報道
Ubisoft: Wii Uは成功すると信じている、任天堂が新たな次元へ押し上げる
噂: Xbox次世代機が2013年ホリデーシーズンに発売、PS4タイトルが水面下で開発中
噂: Wii Uの開発状況に関するインサイダー情報が掲載
Wii Uでも発売!『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』発表
《tobiuo》

ニュース アクセスランキング

  1. Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

    Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

  2. 『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

    『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

  3. Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

    Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

  4. 血闘しようぜ! 一撃必殺格闘ゲーム『斬!斬!斬!』PS4で配信決定

  5. エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

  6. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  7. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  8. 「Blizzard Battle.net」年内に日本円での支払いに対応―カナダ・ニュージーランドの現地通貨にも

  9. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  10. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

アクセスランキングをもっと見る

page top