Steamで国産タイトルの配信が今後増加?Valveが複数の日本ゲーム会社と接触―海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamで国産タイトルの配信が今後増加?Valveが複数の日本ゲーム会社と接触―海外報道

PC Windows

今週マーベラスAQLのPSP向けタイトル『勇者30』がSteamなどで配信されることが発表されましたが、Valveは更なる国産タイトルをSteamで配信しようと模索しているようです。海外サイトSiliconeraにて、マーベラスAQLのプロデューサーEsteban Jose Salazar氏への興味深いインタビューが掲載されています。

インタビュー中に語ったSalazar氏によれば、ValveはSteamのサービス上でユーザーに優れたオプションを提供するよう努めており、既に複数の日本パブリッシャーとコンタクをとっているのだそう。

また今回実際に『勇者30』の移植が決定した際には、継続的な支援やパブリッシングツールの提供など、Valveは移植作業を手厚くサポート。Salazar氏によれば二言語(英語と日本語)が存在することで開発が困難になるケースもあるそうですが、それでもValveは常に迅速でプロフェッショナルな援助をマーベラスAQLに対し行ったそうです。


9月27日にリリースされるPC版『Half-Minute Hero』。SteamとPlayismにて配信予定

Salazar氏は、Steamで配信をすれば広告キャンペーンと棚のスペースを心配する必要は無く、また物理ディスク版よりもフェアな価格でユーザーにゲームを提供することができるとコメント。詳細は明らかにしなかったものの、更なる新旧のマーベラスAQLタイトル配信が現在検討中で、今回の『勇者30』の配信がセールス的に成功すれば、Salazar氏個人としては更なる素晴らしいゲームをPC上に登場させたいと述べています。
(ソース: Siliconera)

【関連記事】
『XCOM: Enemy Unknown』Steamで予約開始、予約者が多ければ『Civ5』製品版が付属
リリース間近の『Half-Life』リメイクMod“Black Mesa”がSteam Greenlightに登場
Game*Sparkが選ぶ『Steam Greenlight注目タイトル』7選
ユーザーのいたずら防止でSteam Greenlightの作品投稿が有料化
エロティックゲーム『Seduce Me』がValveによりSteam Greenlightから撤去
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

    『PUBG』エリア外ダメージが上昇へ―「乗り越え」機能にも言及

  2. 国家の行方を担う政治経済シム『Government Simulator』が12月Steam配信!

    国家の行方を担う政治経済シム『Government Simulator』が12月Steam配信!

  3. オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

    オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

  4. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

  5. 『Team Fortress 2』大型アップデート「Jungle Inferno」配信!―大規模なバランス調整も

  6. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  7. 機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. MS製アンチチートシステム「TruePlay」登場!―Windows10 Fall Creators Updateに搭載

  10. 『PUBG』砂漠マップ最新ショットが海外メディアより披露

アクセスランキングをもっと見る

page top