EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】

ニュース 最新ニュース

EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】
  • EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】
  • EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】
  • EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】
  • EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】
  • EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】
  • EUROGAMER EXPO: Xbox One版『Battlefield 4』アルファデモハンズオンレポート【UPDATE2】


現在英国ロンドンにて開催中のEUROGAMER EXPO 2013で世界に先駆けて公開、展示されているXbox One版『Battlefield 4』。撮影厳禁の中盗撮動画が出回るなど、とにかく期待値の高いタイトルだけに海外ゲーム系サイトや掲示板などで既にレビューを目にされた方も多いと思いますが、我らがGame*Sparkも負けじとハンズオンレポートをお届けします!

長い列へ並ぶこと凡そ1時間。やっと通された試遊台には確かにXbox Oneの実機が!コントローラーを握ると少なからず感動が溢れてきます。手短な説明のあと早速ゲームをスタート。マップは「Zavod 311」と呼ばれるもので小~中規模の広さ、郊外の遺棄された旧兵器工場と言った趣き。林の中に放置された貨物車や朽ちた兵器が散在する中で32人対戦のコンクエストをプレイ。兵器や爆発物などが点在するだけに『Battlefield 4』で追加された環境変化の新要素「Levolution」ではどっかんどっかんする大掛かりな仕掛けが期待出来るマップであります。

操作性に関してはBF3と大きく変わらず。BFBCシリーズをXbox 360で楽しんだ身としては問題なく飛び込めました。以前のPC版のレビューでも触れました通り「物理エンジンを入れ替えた」ということもあり挙動は若干軽めに調整されていますが全体的なフィールはそのままに。BF3をコンソールで楽しまれているプレイヤーには躊躇いなく移行出来るかと。

グラフィックに関してはやや残念な印象が。先に公開されたPC版等に比べると些か貧弱なライティングや解像度の低いテクスチャーのせいか平坦で少々ぼやけて見える場面も。PC版のレビューの際、「(BF4のグラフィックは)BF3を最高設定で遊んでいる人にはインパクトが弱いかも」とお伝えしましたが、Xbox One版は明らかに劣る部分が少なからずあり、PCプレイヤーにお勧め出来るものではないかなと言う感じです。ここら辺はまだアルファ版ということもあり、製品版での改善を大いに期待したいところであります。

フレームレートは概ねスムースです。対戦の間、戦闘をよそにあえて負荷のかかる行動を重ねフレームの安定具合を見ていたのですが、乱戦時の急な視点変更などを除き、フレーム数が顕著に落ち込むような場面は見られませんでした。



と、短くもここでゲーム終了。1時間並んで10分間のプレイか~と不満を言っても始まりませんが、感想としては「しっかりBattlefieldしてる!」と言ったところでしょうか。グラフィックに関しては、少なくとも今回のアルファ版を見る限りPC版やPS4版に比べて劣る部分があるのは否めませんが、ゲームとしてのフィールは全く同等。PC版と同じく64人対戦がサポートされると言うXbox One版『Battlefield 4』、本体の購入を考えている方にはマストバイな1本になること間違いなしでしょう!

UPDATE(2013/9/30 0:10): ブースにてDICEのプロダクトQA担当者に確認したところ、Xbox OneとPS4バージョン製品版の解像度およびフレームレートは同一を目指しているということでした。それにあわせて記事の内容を修正いたしました。最終的な仕様はEA/DICEから正式に情報公開されるまで不明です。

UPDATE2(2013/9/30 16:30): まず最初に、Eurogamer Expo取材記事における、『Battlefield 4』コンソール版の解像度に関してお詫びと共に訂正をさせていただきます。本記事では特定の機種に対して有利不利になるような論旨を展開するつもりは毛頭ございません。あくまで現場で見聞きした物事をいち早く正確にお伝えすることに勤めておりますが、展示会会場ということもあり現場担当者レベルのお話と、そしてアルファ版がベースのレビューということをご理解いただければと存じます。

皆様により正確な情報をお届けするべく改めてEurogamer Expoの『Battlefield 4』Xbox One版ブースへ出向き、現場責任者の方へ色々と話を聞いてまいりました。公式なインタビューではない為、残念ながらここに全ての詳細を記す訳には参りませんが、幸運にもDICE本社開発部の方からお話を伺うことが出来たので、幾つか追加情報をお伝えできればと思います。

まず、コンソール版のグラフィックと画面解像度についてですが、「Xbox OneとPlayStation 4版の差異はなくし、両機種共通で最高のものを目指す」と言う話でした。また「現状一部安定しないフレームレートも製品版では安定して動作するようになる」との言葉もいただきました。現在展示してあるものはあくまでアルファデモですのでこれからさらに良くなると思ってくださいさいと言うことです。

現場担当者との雑談レベルの話をあたかも決定稿のように扱ってしまい、混乱を招いたこと、深くお詫び致します。大変申し訳ございませんでした。正式なスペックに関してはEAやDICEからの公式な発表を待ちたいと思います。読者の皆様には改めてまたより正確な続報をお届けすべく勤めていこうと思います。
《パムジー》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 194 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

    海外レビューハイスコア『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

  2. 米国6月ソフトセールスは格ゲー席巻!『鉄拳7』『Injustice 2』『ARMS』上位に

    米国6月ソフトセールスは格ゲー席巻!『鉄拳7』『Injustice 2』『ARMS』上位に

  3. Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

    Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

  4. RAZER、ワイヤレスゲーミングマウス「Lancehead」を7月28日に国内発売

  5. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  6. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  7. Steam版『River City Ransom: Underground』突如配信停止に―ある人物の関与が報告

  8. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  9. PlayStation NowにPS4タイトルが30本追加!『ウルIV』『GRAVITY DAZE』『ディスガイア5』など

  10. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る

page top