DICE、Frostbite 3エンジンを使用した15タイトル以上のゲームが開発中であることを明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

DICE、Frostbite 3エンジンを使用した15タイトル以上のゲームが開発中であることを明らかに

ニュース 最新ニュース

BFシリーズ最新作の『Battlefield 4』や、新生『Mirror's Edge』などEAが販売する多くのゲームで使用されているFrostbite 3エンジンですが、DICEのテクニカルディレクターJohan Andersson氏がツイートで15タイトル以上のゲームが同エンジンを使用して開発中である事を明らかにしました。


ツイートではAMDが2013年9月に発表したPC向け新グラフィックスAPI“Mantle”のFrostbite 3への対応について返答しており、「計画としてはBF4のMantleアップデートが実現すれば、それはFrostbiteエンジンにとっても実現したことと同じであり、15タイトル以上のゲームでスグ使用できるのと同じようなこと」と書かれています。

2013年10月現在、Frostbite 3エンジンを使用して開発中であることを発表したゲームは『Battlefield 4』、『Need for Speed: Rivals』、『Plants vs. Zombies: Garden Warfare』、『Dragon Age: Inquisition』、新生『Mirror's Edge』、『Star Wars: Battlefront』、 『Mass Efect』の最新作など7タイトルほど明らかになっていますが、残りの8タイトル以上は発表されていないため、どのような物が開発中なのか気になるところです。

Frostbiteエンジンは2008年に発売された『Battlefield: Bad Company』で初めて採用され、大規模な破壊表現などが特徴で、それ以後アップデートされながら使用されているゲームエンジンです。


2007年9月に公開されたFrostbiteエンジン初使用タイトル『Battlefield: Bad Company』ゲームプレイフッテージ


2007年12月に公開されたFrostbiteエンジントレイラー


2011年6月のE3で公開されたFrostbite 2フィーチャートレイラー


2013年6月に公開されたFrostbite 3フィーチャートレイラー
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 12作品収録!『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』国内発表

    12作品収録!『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』国内発表

  2. ニンテンドースイッチの全世界販売台数が1,000万台突破!

    ニンテンドースイッチの全世界販売台数が1,000万台突破!

  3. iOS版『ライフ イズ ストレンジ』日本語字幕入りで配信決定!エピソード4以降は2018年上旬予定

    iOS版『ライフ イズ ストレンジ』日本語字幕入りで配信決定!エピソード4以降は2018年上旬予定

  4. 野蛮サバイバル『Conan Exiles』の正式リリース日が決定!―特典付き限定版も

  5. すべてが繋がるネオ・ノワールADV『Living Dark』ティーザー映像!

  6. バイクいじりシム『Motorbike Garage Mechanic Simulator』発表!

  7. 『PUBG』テストサーバー実施期間が延長、PC版正式リリースまで継続

  8. 『ストリートファイターV』シーズン3の新キャラ6人が発表!「さくら」「ブランカ」「サガット」など参戦【UPDATE】

  9. 『Overkill's The Walking Dead』崩壊したワシントンを描くトレイラーがお披露目!

  10. PC版『Assassin's Creed IV』の動作環境が公開、シリーズでPC版の発売が常に遅れている件に対しての回答も

アクセスランキングをもっと見る

page top