「こだま分隊」など独特な翻訳で話題となった『Scourge: Outbreak』がSteamでリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「こだま分隊」など独特な翻訳で話題となった『Scourge: Outbreak』がSteamでリリース

ニュース 最新ニュース



スペインに本拠地を置くTragnarion Studios開発のシューター『Scourge: Outbreak(さいなん: かいせん)』がSteamでリリースされています。

Steamでリリースされた本作は、Steam実績、ランキング、クラウド、トレーディングカードに対応し、4人Co-opプレイでストーリーを進めることが可能。同開発の『The Scourge Project』を所有しているユーザーは無料でプレイすることが出来ます。また『Ambrosia Bundle』には、ゲーム本編と、DLCの『Blindside』、デジタルアートブック、サウンドトラックなどが付属します。

本作は元々、昨年7月にXbox 360/PS3向けにリリースされたタイトルで、国内ではタイトル画面が『さいなん: かいせん』と表示されたこともあって話題となりました。その独特な翻訳センスは、Steamストアページにも遺憾なく発揮されており、『災難: 開戦』、「山湖秘伝隊」、「こだま分隊」と単語だけ抜き出してみても、かなり独特の雰囲気を放っています。

これらは、同時に配信されているデモ版からも確認することが出来るので、興味があるユーザーは試しにプレイしてみるのも良いかもしれません。



《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

    シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

  2. ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

    ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

  3. シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

    シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

  4. 『バトルフィールドV』にはCo-opも実装!“Combined Arms”発表

  5. 『バトルフィールドV』ではプレミアムパス廃止!

  6. シリーズ最新作『バトルフィールドV』にはシングルモードも搭載!複数の視点から戦場描く

  7. 噂:『Sunset Overdrive』のPC版が登場か―韓国レーティング機関に登録

  8. 噂:Valveが未発表の新作ゲームを開発中か―リニューアルされた公式サイトで言及

  9. 噂:次期PlayStationはRyzen使用?ソニープログラマーがオープンソースコンパイラのRyzen対応整備を実施か

  10. シー…静かに…『バトルフィールドV』ゲーム映像がチラリと映るティーザー公開

アクセスランキングをもっと見る

page top