「こだま分隊」など独特な翻訳で話題となった『Scourge: Outbreak』がSteamでリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「こだま分隊」など独特な翻訳で話題となった『Scourge: Outbreak』がSteamでリリース

スペインに本拠地を置くTragnarion Studios開発のシューター『Scourge: Outbreak(さいなん: かいせん)』がSteamでリリースされています。

ニュース 最新ニュース


スペインに本拠地を置くTragnarion Studios開発のシューター『Scourge: Outbreak(さいなん: かいせん)』がSteamでリリースされています。

Steamでリリースされた本作は、Steam実績、ランキング、クラウド、トレーディングカードに対応し、4人Co-opプレイでストーリーを進めることが可能。同開発の『The Scourge Project』を所有しているユーザーは無料でプレイすることが出来ます。また『Ambrosia Bundle』には、ゲーム本編と、DLCの『Blindside』、デジタルアートブック、サウンドトラックなどが付属します。

本作は元々、昨年7月にXbox 360/PS3向けにリリースされたタイトルで、国内ではタイトル画面が『さいなん: かいせん』と表示されたこともあって話題となりました。その独特な翻訳センスは、Steamストアページにも遺憾なく発揮されており、『災難: 開戦』、「山湖秘伝隊」、「こだま分隊」と単語だけ抜き出してみても、かなり独特の雰囲気を放っています。

これらは、同時に配信されているデモ版からも確認することが出来るので、興味があるユーザーは試しにプレイしてみるのも良いかもしれません。



《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

    『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  2. 『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

    『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

  3. 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

    『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

  4. 終末ロードトリップ『Overland』リリース!『Night in the Woods』パブリッシャーの新作サバイバル

  5. 地獄の飲酒ADV『Afterparty』10月29日にリリース決定!会話と飲酒で地獄からの脱出を目指す

  6. 『フォートナイト』が「バットマン」とコラボ!詳細は9月21日公開の動画で

  7. 不気味すぎるサイケデリックパズルADV『Infini』が2020年に登場へ―無限に陥った希望が現実世界に戻る道を探す

  8. Twitchの新サービス「ギフトチェスト」が開始!Twitch Prime特典を他のユーザーにプレゼント

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

アクセスランキングをもっと見る

page top