ゲーム開発に特化したCG制作ツール『Maya LT』がSteamで販売、月額50ドルから―『Dota 2』と連携 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム開発に特化したCG制作ツール『Maya LT』がSteamで販売、月額50ドルから―『Dota 2』と連携

Autodeskはプレスリリースを発行し、インディーゲーム開発者向けに特化した3Dモデリング&アニメーションCG制作ツール『Maya LT』をSteamで発売することを発表しました。

ゲーム機 技術

『Maya LT 2014』のイントロダクショントレイラー

Autodeskはプレスリリースを発行し、インディーゲーム開発者向けに特化した3Dモデリング&アニメーションCG制作ツール『Maya LT』をSteamで発売することを発表しました。

Steamで販売される『Maya LT』は、通常のCG制作ツール『Maya』をよりゲーム開発に特化させ、値段を安くしたものです。MODやアセットの制作以外にも商用利用も可能。さらにValveの『Dota 2』ワークショップと直接連携して、『Maya LT』で制作したMODやアセットをダイレクトに送信する“Send to Dota2”を内蔵しています。ストアページによれば日本語も収録しているとのことです。

『Maya LT』は2014年4月23日リリース予定。サブスクリプションモデルを採用し、月額50ドルで利用可能。ちなみに、Autodeskストアでの『Maya LT』のサブスクリプションモデルは月額7,560円です。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 『キングダム ハーツ VR エクスペリエンス』無料配信!シリーズの歴史をVRで振り返る

    『キングダム ハーツ VR エクスペリエンス』無料配信!シリーズの歴史をVRで振り返る

  2. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

    『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

  3. 『エースコンバット7』公認、PS4/PC対応フライトスティック「T-Flight Hotas 4」国内発売決定!

    『エースコンバット7』公認、PS4/PC対応フライトスティック「T-Flight Hotas 4」国内発売決定!

  4. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  5. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  6. まさに夢のマシン! 『ポータブルドリームキャスト』

  7. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

  8. VRゾンビシューター新作『Contagion VR: Outbreak』早期アクセス開始!

  9. 『Atomic Heart』VRスピンオフ『Soviet Lunapark VR』の開発とサポートが終了―販売も停止へ

  10. Ryzen搭載の携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」が近日予約開始!『GTA5』『The Witcher 3』なども動作

アクセスランキングをもっと見る

page top