ゲーム開発に特化したCG制作ツール『Maya LT』がSteamで販売、月額50ドルから―『Dota 2』と連携 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム開発に特化したCG制作ツール『Maya LT』がSteamで販売、月額50ドルから―『Dota 2』と連携

Autodeskはプレスリリースを発行し、インディーゲーム開発者向けに特化した3Dモデリング&アニメーションCG制作ツール『Maya LT』をSteamで発売することを発表しました。

ゲーム機 技術

『Maya LT 2014』のイントロダクショントレイラー

Autodeskはプレスリリースを発行し、インディーゲーム開発者向けに特化した3Dモデリング&アニメーションCG制作ツール『Maya LT』をSteamで発売することを発表しました。

Steamで販売される『Maya LT』は、通常のCG制作ツール『Maya』をよりゲーム開発に特化させ、値段を安くしたものです。MODやアセットの制作以外にも商用利用も可能。さらにValveの『Dota 2』ワークショップと直接連携して、『Maya LT』で制作したMODやアセットをダイレクトに送信する“Send to Dota2”を内蔵しています。ストアページによれば日本語も収録しているとのことです。

『Maya LT』は2014年4月23日リリース予定。サブスクリプションモデルを採用し、月額50ドルで利用可能。ちなみに、Autodeskストアでの『Maya LT』のサブスクリプションモデルは月額7,560円です。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. スタンドアロンVR「Vive Focus」国内発売決定!「Vive Pro」のスターターキットも上陸

    スタンドアロンVR「Vive Focus」国内発売決定!「Vive Pro」のスターターキットも上陸

  2. あの「シャークネード」が遂にVRゲーム化!『Sharknado VR: Eye of the Storm』Steamストアページ登場

    あの「シャークネード」が遂にVRゲーム化!『Sharknado VR: Eye of the Storm』Steamストアページ登場

  3. 小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

    小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

  4. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

  5. SteamVRにHTC Vive向けフレーム補間機能がベータ実装!低GPU性能環境でのVR快適度アップ

  6. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  7. 『BF5』NVIDIAリアルタイムレイトレーシング速度は1080p/60fps!『Metro Exodus』も同速度目指す【gamescom 2018】

  8. 「GeForce RTX 2070」第三者ゲームベンチマーク結果が公開―GTX1080比15%近い向上のケースも

  9. PS VR対応の手術シム『Surgeon Simulator: ER』が海外配信!―ヤバすぎる実写再現映像も

  10. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

アクセスランキングをもっと見る

page top