第2次世界大戦FPS『Red Orchestra 2』が現地時間の4月24日にもSteamで無料配布へ、1日限定で0円DL可能に【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

第2次世界大戦FPS『Red Orchestra 2』が現地時間の4月24日にもSteamで無料配布へ、1日限定で0円DL可能に【UPDATE】

本日Steamの公式フォーラム上にてアナウンスがあり、同作が現地時間の4月24日にも1日限定で無料配布されることが明らかとなりました。

PC Windows
※UPDATE (2014/4/24 11:00): 予告通り24時間配信が開始されました。詳細はこちらの記事をご覧ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ここ数年では珍しくなった第2次世界対戦をテーマにしたFPSとして2011年9月にリリースされた『Red Orchestra 2: Heroes of Stalingrad』。本日Steamの公式フォーラム上にてアナウンスがあり、同作が現地時間の4月24日にも1日限定で無料配布されることが明らかとなりました。

公式フォーラムでの発表によれば4月24日から24時間『Red Orchestra 2』は無料でダウンロード可能となる予定で、1度ダウンロードすれば永久に保存できることが明らかにされています。また『Red Orchestra 2』の無料配布にあわせて、同作のスタンドアローン拡張作品である『Rising Storm』が週末のあいだだけ無料でプレイできるフリーウィークエンドも予告されており、さらに同作のディスカウントセールも同時に実施されるようです。

『KillingFloor』で知られるTripwire Interactiveが2011年9月に放った『Red Orchestra 2』は、第2次世界大戦における東部戦線など独ソの戦いを描くミリタリーFPS。戦車を4人で搭乗して各機関を操作する必要があったり、止血しないと出血死するなど何かあれば死んでしまうリアル寄りのメカニックが特徴で、スタンドアローン拡張の『Rising Storm』は日米の太平洋戦争を題材としています。

シングルプレイヤーよりもマルチプレイヤーが主題となっている『Red Orchestra 2』および『Rising Storm』ですが、今回の無料配布やセールを経てプレイ人口が増えることとなりそうです。ここ最近の近未来特殊部隊FPSに飽きているというユーザーは、この機会に熱い第2次世界大戦の舞台に舞い戻ってみてはいかがでしょうか。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. GOG.comにて最大95%オフのウィンターセールが開催! 48時間限定『Wasteland 2』無料配布も

    GOG.comにて最大95%オフのウィンターセールが開催! 48時間限定『Wasteland 2』無料配布も

  2. Steam版『バイオハザード RE:2』達成率0.0%の新たな実績が追加…アイコンには『RE:3』ジルの姿が

    Steam版『バイオハザード RE:2』達成率0.0%の新たな実績が追加…アイコンには『RE:3』ジルの姿が

  3. 巨大ロボシム復活『MechWarrior 5: Mercenaries』EGS時限独占配信開始、18年ぶりナンバリング新作

    巨大ロボシム復活『MechWarrior 5: Mercenaries』EGS時限独占配信開始、18年ぶりナンバリング新作

  4. 『RE:3』収録の非対称対戦『バイオハザード レジスタンス』マスターマインド、サバイバーなど新情報が公開!

  5. Western Digital「WD Blue SN550 NVMe SSD」を発表、年内発売

  6. PC版『Detroit: Become Human』のシステム要件が更新

  7. F2PハンティングACT『Dauntless』日本語に対応、国内PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ版も配信開始!

  8. EDMアーティストAVICIIの近未来的リズムゲーム『AVICII Invector』発売―音とシンクロしたステージで大ヒット楽曲を体験

  9. サル山の大将になって島を楽園にするサンドボックス『The Survivalists』発表、PC/ニンテンドースイッチ向けに2020年配信予定

  10. SWATタクティカルFPS『Ready Or Not』新シネマティックトレイラー! 開発の進捗も報告

アクセスランキングをもっと見る

1
page top