『Dragon Age: Inquisition』の開発が完了、BioWareが4年以上の歳月をかけ制作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dragon Age: Inquisition』の開発が完了、BioWareが4年以上の歳月をかけ制作

デベロッパーのBioWareは、同社のファンタジーRPGシリーズ最新作『Dragon Age: Inquisition(ドラゴンエイジ: インクイジション)』の開発が、全プラットフォームにおいて完了(ゴールドステータス化)したことを公式ブログ上で発表しました。

家庭用ゲーム PS4
『Dragon Age: Inquisition』の開発が完了、BioWareが4年以上の歳月をかけ制作
  • 『Dragon Age: Inquisition』の開発が完了、BioWareが4年以上の歳月をかけ制作
  • 『Dragon Age: Inquisition』の開発が完了、BioWareが4年以上の歳月をかけ制作
  • 『Dragon Age: Inquisition』の開発が完了、BioWareが4年以上の歳月をかけ制作
  • 『Dragon Age: Inquisition』の開発が完了、BioWareが4年以上の歳月をかけ制作
デベロッパーのBioWareは、同社のファンタジーRPGシリーズ最新作『Dragon Age: Inquisition(ドラゴンエイジ: インクイジション)』の開発が、全プラットフォームにおいて完了(ゴールドステータス化)したことを公式ブログ上で発表しました。

発売日は北米地域で11月18日、日本国内ではOrigin PC版が11月20日、PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360パッケージ版が11月27日に発売予定です。

本作のエグゼクティブプロデューサーを務めるMark Darrah氏は、『Dragon Age: Inquisition』の開発を、前作『Dragon Age II』が完成する以前から、4年以上の歳月をかけて行ってきたと報告。今作のウリとして、Frostbite 3テクノロジーの採用、戦略性とアクションをブレンドした戦闘システムの再構築、最も深みのあるキャラクター作成ツール、大掛かりなストーリー、多彩な登場キャラクターといった要素を例にあげています。

国内向け公式サイトでも情報が随時追加されているので、発売に向けて目を通しておきましょう。
《Rio Tani》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?

    『Fallout 76』プレイ時間900時間以上のコアプレイヤーが突如BAN…原因は「弾薬の集めすぎ」?

  2. 『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』パッケージはオリジナル版とどう違う?並べて確認してみた

    『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』パッケージはオリジナル版とどう違う?並べて確認してみた

  3. 『レッド・デッド・オンライン』次回アップデートでオープンワールド強化や新モード追加―さらなる詳細が公開

    『レッド・デッド・オンライン』次回アップデートでオープンワールド強化や新モード追加―さらなる詳細が公開

  4. 『Fallout 76』海外プレイヤーが本来は入れないVault 63に迷い込む―BANを恐れるもセーフ

  5. 『Anthem』初日アップデートのパッチノート公開、ロード時間改善やPC向け操作改良など

  6. 『Fallout 76』最新アプデのパッチノート公開、サーバーごとのメンテナンス頻度増加へ

  7. Media Molecule新作『Dreams』は2019年春に早期アクセス!―海外向けに発表

  8. 『フォートナイト』v7.40コンテンツアップデートのパッチノート公開―跳んでトリックも決められるドリフトボードが実装!

  9. 『バトルフィールドV』「電撃の洗礼」アップデート3間もなく配信!Co-op「コンバインド・アームズ」が登場

  10. オープンワールドスポーツ『スティープ』累計プレイヤー数が1,000万人突破!

アクセスランキングをもっと見る

page top