殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動

『アサクリ』シリーズ開発経験のあるデベロッパーJames Matthew Wearing氏より、マルチプレイ対応の新作サバイバルホラー『Last Year』のクラウドファンディングキャンペーンが開始されました。

ゲーム文化 Kickstarter
殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動
  • 殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動
  • 殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動
  • 殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動
  • 殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動
  • 殺人鬼VS少年少女なマルチ対戦ホラー『Last Year』Kickstarterが始動
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。


『アサクリ』シリーズ開発経験のあるデベロッパーJames Matthew Wearing氏より、マルチプレイ対応の新作サバイバルホラー『Last Year』のクラウドファンディングキャンペーンが開始されました。



本作は5人の少年少女と1人の殺人鬼を軸に描かれる、6人でのマルチプレイが可能なサバイバルホラーFPS。舞台は郊外で開かれたとあるサマーキャンプで、6人のプレイヤーによって自分達だけのサバイバルストーリーを紡ぐことが可能です。ジョックやギークで構成された5人の生存者達には、それぞれScoutやAssault、Medicなどのロールが設定されており、役割を分担しながら殺人鬼に立ち向かうことが出来ます。



もちろん殺人鬼サイドとしてもプレイ可能。こちらにも5種類のタイプが存在しており、幅広いプレイバリエーションで生存者達を脅かすことになります。5対1という形勢ではありますが、釘バットやマチェット、チェーンソーなど恐ろしい凶器が用意されているとのことです。

本作はPC向けに開発されており、配信は2016年秋を予定。10カナダドル以上の資金援助をしたユーザーは、リリース後にゲーム本体を利用可能になります。Co-opでのサバイバルゲームが好きなユーザーや、生存者を追い詰めていく脅威としてプレイしてみたい方はチェックしてみてください。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 死せるゲンジ、生ける敵達をオールキル…『オーバーウォッチ』海外プレイヤーが死に体ゲンジでスーパープレイ披露

    死せるゲンジ、生ける敵達をオールキル…『オーバーウォッチ』海外プレイヤーが死に体ゲンジでスーパープレイ披露

  2. 普通の作物にはもう飽きた?『Stardew Valley』に大麻を栽培できるModが登場!―売人にだってなれる

    普通の作物にはもう飽きた?『Stardew Valley』に大麻を栽培できるModが登場!―売人にだってなれる

  3. 『ニーア オートマタ』間もなく予約開始のドール「2B」「9S」語る齊藤・ヨコオ氏らインタビューが公開

    『ニーア オートマタ』間もなく予約開始のドール「2B」「9S」語る齊藤・ヨコオ氏らインタビューが公開

  4. 怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

  5. 『ニーア オートマタ』2B&9Sのドールが10月20日から予約開始―「ドルフィードリーム」シリーズから!

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  8. 致命攻撃したくなる!『ダークソウル』コラボアクセサリー「スズメバチの指輪」の予約が開始

  9. 『Fallout 76』Vault-boy型の香炉が海外ストアにて予約開始ーそれカリカリ反応しない?

  10. 「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top