『Human Element』のF2P要素が廃止、ネクソンとの契約も解除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Human Element』のF2P要素が廃止、ネクソンとの契約も解除

ロサンゼルスを拠点に活動するインディースタジオRobotoki Entertainmentは、現在開発中のオープンワールドゾンビサバイバル『Human Element』のFree-to-Play要素廃止を明らかにしました。

ニュース ゲーム業界

ロサンゼルスを拠点に活動するインディースタジオRobotoki Entertainmentは、現在開発中のオープンワールドゾンビサバイバル『Human Element』のFree-to-Play要素廃止を明らかにしました。

スタジオ創設者のRobert Bowling氏は「ゲームが進化するにつれて、Free-to-Playのままでは『Human Element』を楽しいものにする要素が損なわれてしまうと感じた」とGamasutraに報告。それに伴い今年3月に発表されていたネクソンとの契約も解除したと伝えました。

この件に関してネクソンアメリカの代表は『Human Element』のパブリッシング契約解除が相互の意思決定であるとし、「プロジェクトの開発が進行した事でゲームの方向性は自然に進化しました。そして、それはもはやネクソンのポートフェリオには適合しません」と語っています。

Free-to-Playを廃止し、プレミアム製品として登場となる『Human Element』はPC/PS4/Xbox Oneを対象に2015年Q4リリース予定。なお、新たなパブリッシャーは既に決定しており、来月にも正式発表が行われるとの事です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  2. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

    「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  3. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

    THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  4. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  5. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  6. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  7. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  8. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  9. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  10. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

アクセスランキングをもっと見る

1
page top