【年末年始企画】『最もたくさん読まれた記事』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【年末年始企画】『最もたくさん読まれた記事』TOP10

気がつけば2014年もまもなく終了。Game*Sparkでは今年も様々なゲームニュースを記事にしてお伝えしましたが、その中で最もたくさん読まれた記事は一体どんなニュースだったのかをTOP10形式でご紹介。

連載・特集 特集

気がつけば2014年もまもなく終了。Game*Sparkでは今年も様々なゲームニュースを記事にしてお伝えしましたが、その中で最もたくさん読まれた記事は一体どんなニュースだったのかをTOP10形式でご紹介(概要文は掲載当時のものです)。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

PC版Game*Spark

1位: 謎のホラーゲーム「P.T.」の正体は『サイレントヒル』、小島監督やデル・トロ監督の名が登場
昨日深夜、謎のインタラクティブホラーゲームとして公開された体験版が即日リリースされた『P.T.』ですが、海外にて同作に隠されたカットシーンをアンロックしたユーザーが早くも登場し、『P.T.』が『サイレントヒル』関連のプロジェクトのティーザーではないかとの噂が囁かれています。



2位: Steamで人気急上昇の『Unturned』をプレイ、見た目とは裏腹な本格ゾンビサバイバル
2014年7月8日にSteam早期アクセスでリリースされた無料プレイのゾンビサバイバルゲーム『Unturned』の人気が急上昇しているようです。記事執筆時点でのピーク時プレイヤー数は『Dota 2』『CS:GO』『Team Fortress 2』に次ぐ多さとなっており、一体何が注目を集めているのかチェックしてみました。



3位: 謎の森で生き延びるオープンワールドサバイバルホラー『The Forest』がSteam早期アクセスにて配信開始
正式発表時から大きな注目を集めていたEndnight Games開発のオープンワールドサバイバルホラー『The Forest』がSteam早期アクセスにて配信開始となりました。本作は飛行機の墜落によって謎の森に降り立った主人公が、そこに住む人喰いミュータントと戦いながら生き延びるゲームとなっています。



4位: レースゲームの「ゴースト」を通して10年前に死んだ父と再会した青年
最速タイムでコース上を走る車体の挙動を記録し、おもにタイムアタックにて当たり判定のないライバル車として再登場させるレースゲームの「ゴースト」。とある青年がこの機能を通して、10年前に死んだ父の操作する「ゴースト」に遭遇したとのエピソードを語りました。



5位: PS4/Xbox One/PC『グランド・セフト・オートV』の国内発売日が決定、数量限定特典も
ロックスター・ゲームスは、次世代機向けにアップグレードされたオープンワールドアクション、PS4/Xbox One/PC『グランド・セフト・オートV』の国内発売が決定したことを発表しました。PS4版とXbox One版は12月11日に発売。PC版は海外版と同日となる2015年1月27日にリリース予定です。



6位: イタリアのファンが『バイオハザード2』の非公式HDリメイクを開発中、2014年冬にも無料で公開予定
『FFVII』から『クロノトリガー』や『Black Mesa』など、開発中止となった企画から成功した作品も含み、海外ではファンの手による名作ゲームのリメイクが数多く登場しています。そんな中、イタリアのファンスタジオInvader Gamesが新たに『バイオハザード2』の非公式HDリメイクプロジェクトを始動。



7位: PS4/Xbox OneとVita版『Minecraft』8月発売へ、現行機版からのアップグレードとワールド移行も明らかに
開発スタジオMojangはPlayStation 4とXbox OneおよびPS Vita向け『Minecraft』を今年8月にリリースすると公式ブログにて発表。現行世代機版からのアップグレードプランなどに関する詳細を明らかにしました。



8位: 『マリオカート 8』海外でルイージの表情に注目が集まる ― 凍てつくほど冷たい表情
発売初週に全世界で120万本を売り上げたWii Uの『マリオカート 8』。世界で多くの人が楽しんでいる本作ですが、マリオブラザーズの弟“ルイージの表情”に海外で注目が集まっています。



9位: 都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される
昨年6月にも映像プロダクションFuel Industriesのもと計画が明らかとなり、後にXbox Entertainemnt Studiosとの共同製作が決定。Xbox TVにおける第1弾ドキュメンタリー映像として公開されることが発表されていた「Atariの墓」都市伝説の検証プロジェクト。先日予告されていたように作業が4月26日に実施され……



10位: 基本無料ゾンビMMO『H1Z1』、武器弾薬や食料などサバイバル必需品は課金対象外
先日、開発元であるSony Online Entertainment社長によるマネタイゼーションに関する質疑応答をお伝えした、F2PゾンビサバイバルMMO『H1Z1』ですが、新たな決定事項がフォーラムサイトRedditに公開されています。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

スマホ版Game*Spark

1位: 謎のホラーゲーム「P.T.」の正体は『サイレントヒル』、小島監督やデル・トロ監督の名が登場
昨日深夜、謎のインタラクティブホラーゲームとして公開された体験版が即日リリースされた『P.T.』ですが、海外にて同作に隠されたカットシーンをアンロックしたユーザーが早くも登場し、『P.T.』が『サイレントヒル』関連のプロジェクトのティーザーではないかとの噂が囁かれています。



2位: PS4/Xbox One/PC『グランド・セフト・オートV』の国内発売日が決定、数量限定特典も
ロックスター・ゲームスは、次世代機向けにアップグレードされたオープンワールドアクション、PS4/Xbox One/PC『グランド・セフト・オートV』の国内発売が決定したことを発表しました。PS4版とXbox One版は12月11日に発売。PC版は海外版と同日となる2015年1月27日にリリース予定です。



3位: 最新作『Call of Duty: Advance Warfare』の概要や最新ショットが公開、2054年が舞台で外骨格能力が登場
昨日遂に発表された『Call of Duty』シリーズ最新作『Call of Duty: Advance Warfare』ですが、Activisionはプレスリリースにおいて本作の概要を伝えています。公式サイトでは新たなスクリーンショットが公開されている他、予約受付も始まっています。



4位: 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン
日本在住の米国人男性が、ガールフレンドの祖母が千葉県で購入したビルに、廃墟となったゲームセンターを発見。その模様を先月Redditに投稿し話題となっています。フロアには、50台以上のビデオゲーム筐体などが当時のまま放棄されており、90年代のゲーセン文化を思い出させてくれる情景となっています。



5位: ロンドンの工事現場にて身長2m超の未知なる生物の骨が発見!?
ロンドンに本社を置くニュース専門の放送局BCO NEWSが、ロンドン市内の工事現場にて、1880年前後のものと思われる人骨が見つかったというニュースを伝えています。その人骨は2mを超える身長があり、人間の2倍ほどの大きさの手足を持つ新種の生物だと判明したそうです。



6位: 都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される
昨年6月にも映像プロダクションFuel Industriesのもと計画が明らかとなり、後にXbox Entertainemnt Studiosとの共同製作が決定。Xbox TVにおける第1弾ドキュメンタリー映像として公開されることが発表されていた「Atariの墓」都市伝説の検証プロジェクト。先日予告されていたように作業が4月26日に実施され……



7位: 『ファイナルファンタジー XV』新キャラも登場する新トレイラー公開 ― デモの無料配信も
スクウェア・エニックスは、12月20日に開催された「ジャンプフェスタ2015」で披露したPS4/Xbox Oneソフト『ファイナルファンタジー XV』の新トレーラーを公開しました。このトレーラーでは、人や車が実際に動く街、槍や大剣を使ったバトル、新女性キャラクター、超巨大モンスターとの遭遇など初公開シーンが満載。



8位: 『バイオハザード HDリマスター』が発表、初代バイオが高品質グラフィックで復活
カプコンは、同社の人気サバイバルホラーシリーズ『バイオハザード』第一作目のリマスター版となる『バイオハザード HDリマスター』を発表しました。対応機種は、PS3/Xbox 360/PCに加え、次世代機PS4とXbox Oneでも発売予定。



9位: 君は150匹捕まえられるか?モバイル版Googleマップで『ポケモン』を集めるとGoogle社員になれる
ついに4月1日ということで、ゲーミング企業だけでなく各社から多種多様な笑いが提供されると予想される本日のエイプリルフールですが、Googleが早速『ポケットモンスター』とコラボレーションした企画『Google マップ ポケモンチャレンジ』を正式発表。



10位: 山内一典氏がPS4『グランツーリスモ7』に言及 「GT6で出来なかったことを全てやる」
未だ正式発表はないものの、ポリフォニー・デジタルの山内一典氏がたびたび存在をちらつかせている『グランツーリスモ7(Gran Turismo 7)』。新たに英国ゲーム誌gamesTMに掲載された山内氏インタビューで、PS4における開発品質や『GT7』のビジョンが語られているようです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
《RIKUSYO》

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top