インテルの極小PC Edisonで『DOOM』を動作させた海外ユーザーが現れる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インテルの極小PC Edisonで『DOOM』を動作させた海外ユーザーが現れる

インテルが昨年発売したSDカードサイズの極小PC Edisonで、id Softwareの『DOOM』を動作させる環境を構築したユーザーが現れました。

ゲーム機 技術


インテルが昨年発売したSDカードサイズの極小PC Edisonで、id Softwareの『DOOM』を動作させる環境を構築したユーザーが現れました。

映像は、EdisonモジュールとAdafruit の2.8インチTFTディスプレイ、スピーカー、そしてBluetooth接続のPS4コントローラーによって動作する様子を披露しています。この環境を構築したのはLutz Latta氏。解説ページ「Edidoom」によると、この環境を構築した目的は、古いゲームを動作させる十分なスペックを持つEdisonで『DOOM』をプレイするためとのこと。この極小PC Edisonは、500MHzのAtomアーキテクチャーのデュアルコアCPUを搭載している他、1GBのLPDDR3、4GBのEMMC、そしてWi-FiとBluetoothが組み込まれています。

なお、昨年に『DOOM』はATMCanon製プリンターで動作が確認されており、海外ゲーマーの間で注目を集めていました。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「Steamリンク」ベータ版アップデートで接続ネットワーク制限解除―いつでもどこでもPCゲーム?

    「Steamリンク」ベータ版アップデートで接続ネットワーク制限解除―いつでもどこでもPCゲーム?

  2. あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

    あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

  3. Win 10、DirectXリアルタイムレイトレーシングに正式対応!10月度アップデート配信開始

    Win 10、DirectXリアルタイムレイトレーシングに正式対応!10月度アップデート配信開始

  4. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  5. VRゲーム定額サービス「VIVEPORT Infinity」は4月にローンチ―開発者の収益分配率も引き上げ

  6. ASUSがハイスペック過ぎるゲーミングスマホ「ROG Phone」を正式発表―11月23日発売で119,500円

  7. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  8. 異世界ソ連FPS『Atomic Heart』日本語字幕付きRTX技術デモ映像! リアルタイムレイトレーシング披露

  9. アタリ新ハード正式名称が「Atari VCS」に決定、予約開始日発表は4月予定

  10. マイクロソフトが『World of Warcraft』向けにWindows7上でDirectX12をサポート

アクセスランキングをもっと見る

1
page top