『DOA 5 LR』海外コミュニティ大会で「性的過ぎるコスチューム」を規制―「性差別だ」と反発の声も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOA 5 LR』海外コミュニティ大会で「性的過ぎるコスチューム」を規制―「性差別だ」と反発の声も

ゲーム文化 カルチャー


参考動画

魅力的なキャラクターや「やわらかエンジン」が注目を浴びているコーエーテクモの対戦格闘ゲーム最新作『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』。本作シリーズの海外大手コミュニティFree Step Dodgeにてトーナメントの世界標準ルールが提案され、その内容が物議を醸しています。

Free Step Dodgeが発表したトーナメントのルールでは、基本的な試合規定が記されている他、「性的過ぎるコスチューム」を準禁止(Soft Ban)コンテンツに指定し、具体的な規制コスチュームを明示しました。準禁止コンテンツは明確に禁止するものではなく、不使用を奨励するというもの、使用しても失格といった処置は取られません。

ルールを発表したフォーラムでは、「性的過ぎるコスチューム」の準禁止に賛成の声も見られるものの、「女性の挑発的な衣装を禁止するなら、私は胸部を露出している男性の衣装も禁止する運動を行う」、「女性キャラだけ規制して男性キャラを規制しないのは性差別だ」、「これは検閲だ」といった反発の声が多数あがっています。

「性的過ぎるコスチューム」を準禁止にした理由についてFree Step Dodgeは、「本フランチャイズでセックスアピールは切り離すことができませんが、ゲームプレイに集中するためにオフライントーナメントでのコスチュームの準禁止を規定しました」と説明。加えて、提案されたルールは全ての大会で適用されるわけではなく、ルールは各大会主催者の裁量に一任されていると伝えています。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 61 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

    日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

  2. スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

    スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

  3. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

    e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  4. 『フォーオナー』「剣聖」1/4大型リアルスタチュー登場!初回限定50体

  5. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  6. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  7. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  10. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

アクセスランキングをもっと見る

page top