『Star Citizen』正式版では100GB到達か、開発者が脅威のファイルサイズを示唆 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Star Citizen』正式版では100GB到達か、開発者が脅威のファイルサイズを示唆

クリス・ロバーツ氏らが手掛けるスペースシム『Star Citizen』公式フォーラムより、同作正式版のファイル容量を示すコメントが投稿されています。

PC Windows
『Star Citizen』正式版では100GB到達か、開発者が脅威のファイルサイズを示唆
  • 『Star Citizen』正式版では100GB到達か、開発者が脅威のファイルサイズを示唆
  • 『Star Citizen』正式版では100GB到達か、開発者が脅威のファイルサイズを示唆
クリス・ロバーツ氏らが手掛けるスペースシム『Star Citizen』公式フォーラムより、同作正式版のファイル容量を示すコメントが投稿されています。

巨額の資金調達に成功し、今年1月にはFPSモジュール、Arena Commanderモジュール2.0を始めとした開発計画も発表されていた『Star Citizen』。先日公開されたリアルなダメージ演出紹介ムービーでもSF映画さながらの迫力をプレゼンしていた同作ですが、公式フォーラム内の開発者コメントによれば、最終ビルドまで開発が完了した正式版は、なんと100GB近くのサイズになる可能性があるとのこと。壮大かつ多数のギミックを収録予定の『Star Citizen』なら頷ける数字とも言えますが、正式リリースを期待するユーザーはストレージ管理も検討したほうがいいかもしれません。

本作は2015年末にSquadron 42、Persistent Universe Alpha for Backersをリリースし、2016年よりローンチ予定。クラウドファンディングキャンペーンや強力な開発陣で話題となっていた同作は、今後も更に多くのゲーマーから注目されるタイトルへと進化していくかもしれません。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

    現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  2. FPS+RTSの戦略的アクションシューター『Eximius: Seize the Frontline』が近日登場!

    FPS+RTSの戦略的アクションシューター『Eximius: Seize the Frontline』が近日登場!

  3. 『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

    『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

  4. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

  5. PC版『デビル メイ クライ 5』Steamにて予約販売開始!動作環境の情報を公開

  6. ローグライクなホームレスサバイバル『CHANGE』早期アクセス開始! あなたならどうする?

  7. 新作ミリタリーFPS『World War 3』12分の新規ゲームプレイ映像!【gamescom 2018】

  8. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  9. サイバーパンクADV続編『N1RV ANN-A』日本語版正式発表!『VA-11 HALL-A』PS4/スイッチ版も

  10. Steamで好評の本格アマゾンサバイバル『Green Hell』が公式に日本語対応!

アクセスランキングをもっと見る

page top