【E3 2015】『MGS V: TPP』は時短課金を導入 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【E3 2015】『MGS V: TPP』は時短課金を導入

アメリカで開催されている「E3 2015」のコナミデジタルエンタテインメントブースを取材し、海外で話題になっている『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の課金要素について話を伺ってきました。

ニュース 発表
【E3 2015】『MGS V: TPP』は時短課金を導入
  • 【E3 2015】『MGS V: TPP』は時短課金を導入


アメリカで開催されている「E3 2015」のコナミデジタルエンタテインメントブースを取材し、海外で話題になっている『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』(以下MGS V: TPP)の課金要素について話を伺ってきました。

事の発端は、イタリア向けPlayStation Storeの『MGS V: TPP』作品ページに記載された「Acquisti in-game opzionali」という文章。これは「ゲーム内課金」を意味するため、海外では様々な憶測が飛び交いました。そこでインサイドでは、E3会場にて取材を実施。その結果、ゲーム内課金は事実であることが判明しました。

今回話を伺った担当者によると、課金は追加コンテンツを有料で販売するDLCではなく、膨大なゲームボリュームを快適に遊ぶための時短課金に。例えば武器開発にかかるコストを少なくすることができるそうです。

そのため、パッケージを購入することで全てのゲームコンテンツをプレイすることができ、あくまでも幅広いプレイスタイルの提供という形で課金が導入されます。ただし、具体的な価格やシステムは後ほどの発表となるため、その詳細に注目が集まります。

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』は9月1日発売予定で、プラットフォームはPS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/PCです。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. マイクロソフトのスタジオ買収はまだまだ続く―Xboxボスのフィル・スペンサーが改めて表明

    マイクロソフトのスタジオ買収はまだまだ続く―Xboxボスのフィル・スペンサーが改めて表明

  2. ハラスメント問題のActivision Blizzardから20人以上のスタッフが退職―ほか20人も懲戒処分を受ける

    ハラスメント問題のActivision Blizzardから20人以上のスタッフが退職―ほか20人も懲戒処分を受ける

  3. 『PAYDAY 2』が80%オフの219円!Steamでシリーズ発売10周年記念セール開催中

    『PAYDAY 2』が80%オフの219円!Steamでシリーズ発売10周年記念セール開催中

  4. 『ファークライ』シリーズサバイバルマニュアルが海外で発売―ゲームにインスパイアされた護身術などを紹介

  5. 全世界販売数2,000万本突破!『モンハン:ワールド』がカプコン史上最高記録をさらに更新

  6. 『ダンガンロンパ』累計発売数500万本突破!10周年イベント「超高校級の大同窓会」も予定

  7. 『スカイリム』10周年を祝うAnniversary Edition発表!ダンジョンやボスなど500以上のユニークコンテンツを追加

  8. すべてのプレイヤーが共存するサンドボックスMMORPG『BitCraft』発表! 冒険家になるのも文明を作るのも自由

  9. ゲームアワード「Golden Joystick Awards 2021」ノミネート作品発表!投票受付も開始

  10. レトロゲーム互換機向けOS「Analogue OS」が発表! 「Pocket」含む今後のAnalogue製品に搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top