『Dungeons&Darkness』ハンズオン―『キングスフィールド』ファンが期待する一本 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Dungeons&Darkness』ハンズオン―『キングスフィールド』ファンが期待する一本

連載・特集 プレビュー

『Dungeons&Darkness』ハンズオン―『キングスフィールド』ファンが期待する一本
  • 『Dungeons&Darkness』ハンズオン―『キングスフィールド』ファンが期待する一本
  • 『Dungeons&Darkness』ハンズオン―『キングスフィールド』ファンが期待する一本
  • 『Dungeons&Darkness』ハンズオン―『キングスフィールド』ファンが期待する一本


今年で3回目の開催となる日本最大のインディーゲームの祭典「BitSummit 2015 Return of the Indies」。同イベントにて出展された闇討ちプロジェクト開発のPC向けダンジョン探索RPG『Dungeons&Darkness』のハンズオンレポートをお届けします。

本作は、危険なダンジョンを探索し、多種多様なクエストをクリアしながら、ドラゴンをはじめとした屈強なモンスターを倒していくダンジョン探索型RPG。主観によるゲーム視点とダークファンタジーの世界観がフロム・ソフトウェアの『キングスフィールド』シリーズを彷彿させますが、開発陣は一切プレイしたことがないとのこと。



今回プレイできたのは、ダンジョン内から5つの財宝を探し出し、最深部にいるドラゴンを倒すクエスト。ダンジョン内には、スケルトンやゾンビ、スライムはじめとしたモンスターがいて、それぞれ行動パターンが異なるので、相手にあった攻撃方法が必要になります。例えば、鈍足なゾンビには後ろに回り込んで背中から攻撃する方法が有効。他にも、ダンジョンにはプレイヤーを妨害するトラップも仕掛けられていますが、隠された装置を見つけてシーフツールで解除してしまえば、プレイヤーがトラップの主導権を握り、敵を誘い込んで倒すことも出来ます。



難易度はイージー、カジュアル、ノーマル、ハードと4種類用意されています。ただ、『キングスフィールド』シリーズや『ダークソウル』シリーズが好きなプレイヤーからは「出来る限り難易度を高くしてくれ!」との要望が多かったとか。ハード以上の難易度は、ガチなゲーマーからの要望が多ければ、期待に応える形でアップデートで対応する予定です。

最後に、闇討ちプロジェクトのFami氏のコメントを紹介。「『Dungeons&Darkness』は、Windowsのスペックが上がり、リアルタイムで何でも出来るようになったので、それでRPGを作ってみようと思いました。ただ、試行錯誤があって作るのに1年半くらいかかり、最初のバージョンとは似ても似つかないものになってしまったんですが、何度もテストプレイを行い、面白いゲームに仕上がりましたので、よろしくお願いします!」

PC版『Dungeons&Darkness』は、Playismから配信予定。リリース日・価格は未定です。
《真ゲマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top