東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G 2015 FINALS」は3対2で西側が勝利 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G 2015 FINALS」は3対2で西側が勝利

Red Bullは、12月20日に開催された東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G 2015 FINALS」にて、3対2の接戦で西代表チームが勝利したと発表しました。

ニュース 発表
東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G 2015 FINALS」は3対2で西側が勝利
  • 東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G 2015 FINALS」は3対2で西側が勝利
  • 東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G 2015 FINALS」は3対2で西側が勝利

Jason Halayko/Red Bull Content Pool

Red Bullは、12月20日に開催された東西対抗ゲームトーナメント「Red Bull 5G 2015 FINALS」にて、3対2の接戦で西代表チームが勝利したと発表しました。

2012年より毎年開催されている本大会は、西日本と東日本のそれぞれ代表選手合計16名が、格闘ゲームやMOBA、フリージャンル、スポーツ、パズル、格闘の5ジャンルで優勝を競い合うものです。第1試合の『LORD of VERMILION ARENA』では西側が、第2試合の『TowerFall Ascension』では東側が勝利を収めます。それぞれ1勝づつ勝利を手にした後の第3試合の『ウイニングイレブン 2016』では西側が、第4試合の『ぷよぷよテトリス』では東側が勝利して接戦が続きます。残る最終試合である第5試合の『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』では西側がこの戦いで勝利を収め、2015年の優勝が決まりました。

優勝した西代表チームキャプテンの“輝 ROCK”氏は「選手それぞれの実力もありますが、優勝できたのは一番意識していたチームとしての団結が実ったためだと思います。勝てて非常に嬉しいです。応援、本当にありがとうございました!」とコメントを残しています。


Jason Halayko/Red Bull Content Pool

なお2012年には東側が、2013年には東側が、2014年には西側がそれぞれ勝利を手にしているため、2015年の結果において両者通算2勝2敗の引き分けといったところ。次回で5年目となる本大会に注目が集まりそうです。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

    『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  2. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

    『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

  5. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  8. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『Apex Legends』1.1.1アプデ配信ージブラルタル/コースティックにダメージ軽減パッシブ追加、スナイパーライフル上方修正など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top