ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた

ロジクールが国内で2月にリリースを控えるゲーミングマウス「G502」の新機種について、ラスベガスで開催されたCESの会場にて担当者から詳しい説明を受けることができました。

ゲーム機 周辺機器
ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた
  • ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた
  • ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた
  • ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた
  • ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた
  • ロジクール新型ゲーミングマウス「G502」のこだわり―CES会場で担当者に訊いた

ラスベガスで開催されたCESのロジテック(国外ではLogitech)ブースにて、日本で2月にリリースを控えるゲーミングマウス「G502」最新モデルの詳しい説明を受けることができました。

「G502」は、ロジクールの提供するPC用ソフトウェア「Logicool ゲーミングソフトウェア」を使うことで、各種さまざまな機能をカスタマイズすることができます。現在使っているマウスパッドの接地面を感知してデジタルセンサーを最適化することも可能で、机に直に置いている場合でも高いパフォーマンスを発揮できる設定にしてくれるのだそうです。


従来通り11個のボタンにキーや機能を割り当てることができますが、プレイしているゲームに最適な設定を自動で検索してくれる機能も今後追加予定とのこと。また、あらゆるゲームの状況に対応できるように、解像度ボタンをクリックすればプレイ中でも200dpiから12,000dpiまで解像度を変えることが可能となっています。

ウェイトを追加してマウス自体の重さを調整するギミックももちろん搭載。ウェイトは1つ3.6gで最大5つまで使用できます。


新型「G502」の最大の特徴は、「Logicool ゲーミングソフトウェア」を使うことでプロファイルごとに1,680万色のイルミネーションカラー設定ができるというもの。なぜここまでイルミネーション機能にこだわっているのか担当者に聞いてみたところ、いわゆる「LANパーティ」で活用されるためであると話してくれました。日本のユーザーにとってあまり馴染みがないかもしれませんが、欧米では誰かの家にPCを持ち寄って友人グループ間でPCゲームのマルチプレイを興じる「LANパーティ」はPCゲーマーの文化として根付いています。メーカーのシンボルカラー単色のデバイスが多い中で、自分の好きなカラーにイルミネーションできる「G502」は、LANパーティで個性をアピールするのにはもってこいと言えそうです。

新型「G502」は、米国では旧型と同じ価格でリリース予定ですが、日本での価格がどうなるかはまだ未定とのことで、発表が待たれます。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」最新世代のゲームストリーミングサービスをサポートへ!

    レトロゲーム互換機「POLYMEGA」最新世代のゲームストリーミングサービスをサポートへ!

  2. CD機対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」国内向けに予約開始するも即完売

    CD機対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」国内向けに予約開始するも即完売

  3. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」プレイデモ映像を公開―セガサターン往年の名作『ダイナマイト刑事』

    レトロゲーム互換機「POLYMEGA」プレイデモ映像を公開―セガサターン往年の名作『ダイナマイト刑事』

  4. CD対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」ベータ版映像! 海外マニアが様々なゲームをチェック

  5. ValveとMicrosoftが協力するHP最新VRヘッドセット「HP Reverb G2」発表! 米国向けに予約開始

  6. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  7. 瓶の中でチャプチャプ……『Half-Life: Alyx』最新アップデートでリアルな液体表現が追加!

  8. CD機にも対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」4月より日本のAmazonでも注文可能に【UPDATE】

  9. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  10. 『Microsoft Flight Simulator』VR対応の優先度は「非常に高い!」プロジェクトマネージャーが語る

アクセスランキングをもっと見る

page top