【GDC 2016】Crytek、ロイヤリティフリーの最新エンジン「CRYENGINE V」を発表―DX12やC#に対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GDC 2016】Crytek、ロイヤリティフリーの最新エンジン「CRYENGINE V」を発表―DX12やC#に対応

Crytekは、GDC 2016にて最新エンジン「CRYENGINE V」を発表しました。

ゲーム機 VR
【GDC 2016】Crytek、ロイヤリティフリーの最新エンジン「CRYENGINE V」を発表―DX12やC#に対応
  • 【GDC 2016】Crytek、ロイヤリティフリーの最新エンジン「CRYENGINE V」を発表―DX12やC#に対応

Crytekは、GDC 2016にて最新エンジン「CRYENGINE V」を発表しました。

任意料金制「Pay What You Want」を採用した本エンジンは、ユーザーが決めた料金を支払えばエンジンの全ソースコードと機能セットが提供され、追加のロイヤリティも発生しないとのこと。加えて「CRYENGINE」のマーケットプレイスを提供し、Crytek製のアセットだけでなくコミュニティやベンダーが作成した3Dオブジェクトやマテリアル、サウンドなどを開発者が利用出来るようになります。

また、「CRYENGINE V」ユーザーは任意で支払った料金の70%までを、インディープロジェクト支援プログラムへの寄付金として充てられるとのことです。以下、本エンジンに実装された新要素です。

    ■「CRYENGINE V」の新要素
  • C#に対応
  • 低オーバーヘッドレンダラを再制作
  • DirectX 12に対応
  • VRに最適化された高クオリティな雲を描写するアドバンスドバリュームクラウドシステムを実装
  • 完全GPU処理によるリアルタイムな流体エフェクトを描写する新パーティクルシステムを実装
  • ランチャーとUIを刷新
  • ミドルウェアの「FMOD Studio」をサポート
  • CRYENGINEコミュニティが質疑応答を共有できるCRYENGINEアンサーズを展開

さらに本エンジンはVRハードウェアをサポートし、PlayStation VRやOculus VR、HTC Vive、OSVRなどのデバイスに対応します。「CRYENGINE V」は公式サイトにて配信中です。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

    これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  2. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

    「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  3. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

    オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  4. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  5. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  6. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  7. AMDが新型GPU「Radeon RX 5500」シリーズを発表!10月下旬より搭載PCが順次発売

  8. 訓練用VR医療シミュ『Trauma Simulator』Steamストア公開―米国防総省なども協力、これで事件事故でも安心?【UPDATE】

  9. 爆乳美少女シューター『閃乱カグラ Peach Beach Splash』PC版がVR対応!セールも開催に―アンチチート“VAC”も実装

  10. プリレンダリングクオリティまで後一歩?『Quake II』をリアルタイムでパストレーシング

アクセスランキングをもっと見る

page top