『Rainbow Six Siege』故意のチームキル厳罰化―3.3パッチノート公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Rainbow Six Siege』故意のチームキル厳罰化―3.3パッチノート公開

Ubisoftが贈るチームベースのタクティカルシューター『Rainbow Six Siege』。海外で6月21日の配信を予定している最新アップデート3.3のパッチノートが公開されました。

PC Windows
『Rainbow Six Siege』故意のチームキル厳罰化―3.3パッチノート公開
  • 『Rainbow Six Siege』故意のチームキル厳罰化―3.3パッチノート公開

Ubisoftが贈るチームベースのタクティカルシューター『Rainbow Six Siege』。海外で6月21日の配信を予定している最新アップデート3.3のパッチノートが公開されました。主な内容はオペレーターのバランス調整、ランク戦における故意のチームキル厳罰化など。

アップデート3.3では、リリースから時が経って対処法が確立されてしまい、相対的に弱体化したオペレーターに対するバランス調整を実施。対象となるのは4番目に低い勝率と2番目に低い選択率のカプカンと、2番目に低い勝率とK/Dレートのミュートでガジェット類の強化が施されます。

カプカンの調整では、今までドアや窓枠の特定位置に設置されていた侵入阻止デバイスが任意の高さに設置可能となり、設置後のレーザーが見えづらくなった他、ドアなどの反対側に貫通していた赤いネジが無くなるとのこと。また、ミュートの調整では、シグナルディスラプターのジャミング範囲が1.5メートルから2.25メートルへと拡大し、攻撃側のドローンがジャミング範囲を飛び越えることが不可能になるようです。

ランク戦における故意のチームキル厳罰化に関しては、繰り返しチームキルをした場合に初犯から5度目までの罰則規定を明示。15分~30分のランク戦マッチメイキング禁止から7日間のランク戦マッチメイキング禁止までが用意されている他、ケースバイケースで裁定が行われ、問題のあるプレイヤーに対して恒久的な禁止処置を発行できるとしています。なお、カジュアルマッチにおけるチームキル厳罰化も7月のアップデートで導入予定とのことです。

そのほか、アップデートでは複数のバグ修正が施される予定。詳しいパッチノートはこちらをご覧ください。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

    ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

  2. 2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

    2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

  3. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  4. Steam版『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』日本語対応で5月21日発売決定

  5. 祖母VS孫シム『Granny Simulator』配信ー家事を終わらせたいおばあちゃんと残虐イタズラ孫バトル、開幕

  6. ローポリトップダウンシューター『DESERT KILL』早期アクセス開始―悪の軍団を残忍に破壊せよ

  7. ゲーミングキーボード「Razer BlackWidow」2019年モデルが発表―4月26日発売

  8. 『アサシン クリード ユニティ』PC版の要求スペックが公開― 最小にGTX680を要求

  9. 新作アクションRPG『Neverinth』4月30日よりSteamで早期アクセス開始!ヴァルキリーとなって戦え

  10. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top