『仁王』イベントムービー4K画質版が公開―PS4 Proの対応情報が公式サイトに掲載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『仁王』イベントムービー4K画質版が公開―PS4 Proの対応情報が公式サイトに掲載

コーエーテクモゲームスは、PlayStation 4向け戦国死にゲー『仁王(Nioh)』のイベントムービー4K画質版を公開しました。

ニュース 発表
『仁王』イベントムービー4K画質版が公開―PS4 Proの対応情報が公式サイトに掲載
  • 『仁王』イベントムービー4K画質版が公開―PS4 Proの対応情報が公式サイトに掲載
  • 『仁王』イベントムービー4K画質版が公開―PS4 Proの対応情報が公式サイトに掲載

コーエーテクモゲームスは、PlayStation 4向け戦国死にゲー『仁王(Nioh)』のイベントムービー4K画質版を公開しました。

この映像には、謎の人物エドワード・ケリーが、主人公ウィリアムと対峙する様子が収められています。自分の姿を自在に変えられるエドワードは、一体何者なのでしょうか?


また、本作の公式サイトにてPlayStation 4Proの対応情報が掲載(項目「SYSTEM」のページ下部)されました。それによると、フレームレートの安定を重視した「アクションモード」と、高画質になる「シネマティックモード」、高画質で出力しつつ、状況によってフレームレートが変化する「フレームレートシネマティックモード(レート可変)」が本作に搭載されています。

『仁王』は、2017年2月9日発売予定。価格は、7,800円+税です。
《真ゲマ》

『ドラゴンフォース』が一番好き 真ゲマ

吉田輝和の絵日記やトイレオブザイヤー、ギャグ漫画「ヴァンパイアハンター・トド丸」、洋ゲー漫画「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」など、これまでゲームメディア業界に影響を与える様々な企画を立ち上げてきました。他社メディアでも活動中なので、気軽にお仕事の依頼をお願いします。 ちなみに、ユウキレイ先生が手掛ける4コマ漫画「まほろば小町ハルヒノさん」(まんがタイムで連載中)で教師役として出演中です。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

    古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

  2. 『桃電』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

    『桃電』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

  3. 『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

    『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

  4. 韓国ゲーム企業では歴代最高額を調達!『Stellar Blade』『メガニケ』のSHIFT UPが韓国株式市場に上場―収益はポートフォリオの多様化へ利用予定

  5. 地下採掘サンドボックス『Core Keeper』コンソール版が2024年夏に登場!―Steam版正式リリースにあわせて配信

  6. 期間限定無料!見下ろしステルスACT『Intravenous』Steamで配布中―続編『Intravenous 2』も8月16日発売決定

  7. 最大90%オフ! 対戦格闘ゲーム対象のセールイベント「Steam格闘ゲームフェス」開催

  8. セール最安値!『世界樹の迷宮』『Life is Strange』半額は7月17日まで─『DREDGE』やオープンワールドSTGも下限を更新【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  9. Steamサマーセール2024終了までもう間もなく!買い逃し・買い忘れはない?

  10. “非常に好評“のコイン落とし、当時のスタッフが低評価レビュアーに暴言で反発。開発元は謝罪と改善を約束

アクセスランキングをもっと見る

page top