動物擁護団体PETA、『Warhammer 40,000』版権元へキャラの毛皮着用の中止要請 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

動物擁護団体PETA、『Warhammer 40,000』版権元へキャラの毛皮着用の中止要請

ポケモンやマリオなどの人気ゲームへの糾弾運動で広く知られる米国の動物擁護団体PETA。そんなPETAが幾つものビデオゲーム原作にもなっている『Warhammer 40,000』を問題視しているようです。

ゲーム文化 カルチャー
動物擁護団体PETA、『Warhammer 40,000』版権元へキャラの毛皮着用の中止要請
  • 動物擁護団体PETA、『Warhammer 40,000』版権元へキャラの毛皮着用の中止要請
ポケモンやマリオなどの人気ゲームへの糾弾運動も度々伝えられ、自身も動物愛護をテーマにしたゲームの発表やマインクラフトサーバーの運営などを行っている米国の動物擁護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)。そんなPETAが幾つものビデオゲーム原作にもなっている『Warhammer 40,000』を問題視しているようです。

問題についてアナウンスが行われたPETAのブログでは、「荒廃した宇宙の血まみれの戦争と、毛皮を狩られる動物たちが現実で体験する恐ろしい現実は関係がありません」として『Warhammer 40,000』のキャラクターが毛皮を着用している理由がない、と訴えています。

また、同アナウンスによれば、既に同団体は『Warhammer 40,000』版権元であるGames WorkshopのCEO、Kevin Rountree氏へ『Warhammer 40,000』の全てのキャラクターから毛皮を削除する要請を行っているようです。

この訴えの対象となった『Warhammer 40,000』シリーズは、ダークファンタジー的な文化様式を色濃く随所の設定に持っています。このPETAの訴えが取り入れられる可能性は低いでしょうが、今後何らかの反応があるのかは気になる所かもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』世界最速スピードランが大幅更新―『スターフォックス64』“アーウィン”呼び出しも可能にしたあくなき探求の果て【UPDATE】

    『ゼルダの伝説 時のオカリナ』世界最速スピードランが大幅更新―『スターフォックス64』“アーウィン”呼び出しも可能にしたあくなき探求の果て【UPDATE】

  2. BBCニュースが『ウォッチドックス レギオン』の世界内でインタビューを行う映像を公開!3Dモデル作成シーンも

    BBCニュースが『ウォッチドックス レギオン』の世界内でインタビューを行う映像を公開!3Dモデル作成シーンも

  3. 『Plague Inc.』はあくまでゲームである―新型コロナウイルス感染拡大による注目受け開発チームがコメント

    『Plague Inc.』はあくまでゲームである―新型コロナウイルス感染拡大による注目受け開発チームがコメント

  4. カモメが争うバトルロイヤル『THE BEACH』アルファ版無料配信開始!波打ち際の金貨を誰より多く奪い取れ

  5. コナミの50周年記念イラストが話題に―メタルギア、ラブプラス、悪魔城、ゴエモンなど歴代IP大集合!

  6. 『Overwatch』と『Call of Duty』の公式リーグ配信がYouTube独占契約に

  7. 『フォートナイト』“ピンクのクマちゃん”がねんどろいどに!シリーズ第一弾として予約受付開始

  8. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  9. カセットふぅ~から始まる「ソニック・ザ・ムービー」テーマ曲「Speed Me Up」MV公開!

  10. 『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

アクセスランキングをもっと見る

page top