『Destiny 2』白人至上主義的な「ヘイトシンボル」発見か―Bungieは謝罪 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Destiny 2』白人至上主義的な「ヘイトシンボル」発見か―Bungieは謝罪

Bungieは、9月6日に発売された人気シリーズ最新作『Destiny 2』内にヘイトシンボルが見つかったとして、ゲーム内から削除しました。

ゲーム文化 カルチャー
『Destiny 2』白人至上主義的な「ヘイトシンボル」発見か―Bungieは謝罪
  • 『Destiny 2』白人至上主義的な「ヘイトシンボル」発見か―Bungieは謝罪
Bungieは、9月6日に発売された人気シリーズ最新作『Destiny 2』内にヘイトシンボルが見つかったとして、ゲーム内から削除しました。

今回問題とされたのは、人種差別に繋がるようなヘイトシンボルが、『Destiny 2』内のレジェンダリーガントレットに刻印されていた、というもの。Bungieは9月13日、Twitterでゲーム内から該当のガントレットを削除する方針を明らかにするとともに、深い謝罪の意を表明しました。

また、既にゲーム内からの画像削除が進んでいるほか、ヘイトシンボルが存在していたことについて、Bungieは「意図していない」と説明しています。なお、複数海外メディアは、問題となったヘイトシンボルが白人至上主義者が掲げている架空国家「Kekistan」の国旗であること、そしてこのシンボルがハンタークラスの「Road Complex AA1」に刻印されたものではないか、という旨を伝えています。

「Road Complex AA1」および、「Kekistan」の国旗などについては、下記関連リンクや、Polygonを参照ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

    「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

  2. 何もかもを燃やせる2Dステルスアクション『Wildfire』配信開始!

    何もかもを燃やせる2Dステルスアクション『Wildfire』配信開始!

  3. “スカイリムグランマ”がYouTubeのネガティブコメントによるストレスのため活動を休止中

    “スカイリムグランマ”がYouTubeのネガティブコメントによるストレスのため活動を休止中

  4. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  5. 非暴力で可愛いインディーゲームが集うショーケースイベント「Wholesome Direct」開催決定!

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  8. 香川県弁護士会が「ネット・ゲーム依存症対策条例」の廃止を求める会長声明を発表

  9. 事故から34年……『Chernobylite』開発らによるチェルノブイリ映像が公開

  10. ゼルダ風な織物ADV『Weaving Tides』Kickstarterキャンペーン開始―カーペットのドラゴンに乗って旅しよう

アクセスランキングをもっと見る

page top