あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ

人気弾幕シューティング『東方』シリーズを手がけるZUN氏は、自身がパーソナリティを務めるWebラジオ番組「2軒目から始まるラジオ」内にて、Steam版『東方天空璋』『東方憑依華』を発売予定であることを発表しています。

PC Windows
あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ
  • あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ
  • あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ

人気弾幕シューティング『東方』シリーズを手がけるZUN氏は、自身がパーソナリティを務めるWebラジオ番組「2軒目から始まるラジオ」内にて、Steam版『東方天空璋』『東方憑依華』を発売予定であることを発表しています。

『東方天空璋』

2017年8月11日にリリースされた『東方』シリーズ第16弾となる同作は、博麗霊夢、霧雨魔理沙、射命丸文、チルノの4種類の自機から1機を選択、サブ装備である“季節”を選択して、全6ステージ+Extraステージを突破していくシューティング。2017年年末に国内PC向けCD-ROM版が頒布予定の『東方憑依華』は、黄昏フロンティアとの共作となる『東方』シリーズ第15.5弾となる対戦格闘ゲームです。

『東方憑依華』

Steam版『東方天空璋』は“近いうち”、遅くとも『東方憑依華』Steamリリースまでには発売予定とのこと。『東方憑依華』Steam版は2018年初頭にはリリース予定となっています。いずれも日本語対応予定の模様です。

なお、ZUN氏は番組中で『東方天空璋』の売れ行き次第では過去作のSteamリリースも検討している旨を発表しています。

余談ながら、ZUN氏は『東方』シリーズのガイドラインとして、二次創作作品のリリースを『東方』本編の正規頒布が行われているプラットフォーム・ショップについて許諾しています。また、Steamでは『Half-Life』シリーズを始めとした自社二次創作作品の配信・販売が既に行われている他、第三者作品の二次創作の配信も例が既に存在しており、『東方天空璋』Steam版のリリースによって、国内インディー作品の多くを占める『東方』シリーズ二次創作のSteam配信についても道が拓けるのかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

    オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

  2. 全てを自動化する開拓地マネジメントシム『Autonauts』PC向けにリリース―平和な開拓地をロボットで機械化!

    全てを自動化する開拓地マネジメントシム『Autonauts』PC向けにリリース―平和な開拓地をロボットで機械化!

  3. 16ビットレトロスタイルの2D横スクACT『Driven Out』リリース―農村の娘が恐ろしい敵へと立ち向かう

    16ビットレトロスタイルの2D横スクACT『Driven Out』リリース―農村の娘が恐ろしい敵へと立ち向かう

  4. 専用の詳細設定が用意されたPC版『CoD:MW』トレイラー! 4Kや無制限フレームレートなどに対応

  5. Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

  6. ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

  7. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

  8. 中世西洋ストラテジー『Crusader Kings II』Steam版が期間限定無料配布!貴族として混乱の時代を歩め

  9. PC/モバイル向け『LoL』カードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』発表【LoL10周年感謝祭】

  10. アドレナリン出まくり高速レースゲーム『Need for Speed Heat』PC版動作環境が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top