あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ

PC Windows

あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ
  • あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ
  • あの弾幕STG・対戦格闘『東方』作品がSteamに―『東方憑依華』『東方天空璋』発売へ

人気弾幕シューティング『東方』シリーズを手がけるZUN氏は、自身がパーソナリティを務めるWebラジオ番組「2軒目から始まるラジオ」内にて、Steam版『東方天空璋』『東方憑依華』を発売予定であることを発表しています。

『東方天空璋』

2017年8月11日にリリースされた『東方』シリーズ第16弾となる同作は、博麗霊夢、霧雨魔理沙、射命丸文、チルノの4種類の自機から1機を選択、サブ装備である“季節”を選択して、全6ステージ+Extraステージを突破していくシューティング。2017年年末に国内PC向けCD-ROM版が頒布予定の『東方憑依華』は、黄昏フロンティアとの共作となる『東方』シリーズ第15.5弾となる対戦格闘ゲームです。

『東方憑依華』

Steam版『東方天空璋』は“近いうち”、遅くとも『東方憑依華』Steamリリースまでには発売予定とのこと。『東方憑依華』Steam版は2018年初頭にはリリース予定となっています。いずれも日本語対応予定の模様です。

なお、ZUN氏は番組中で『東方天空璋』の売れ行き次第では過去作のSteamリリースも検討している旨を発表しています。

余談ながら、ZUN氏は『東方』シリーズのガイドラインとして、二次創作作品のリリースを『東方』本編の正規頒布が行われているプラットフォーム・ショップについて許諾しています。また、Steamでは『Half-Life』シリーズを始めとした自社二次創作作品の配信・販売が既に行われている他、第三者作品の二次創作の配信も例が既に存在しており、『東方天空璋』Steam版のリリースによって、国内インディー作品の多くを占める『東方』シリーズ二次創作のSteam配信についても道が拓けるのかも知れません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 46 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

    ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

  2. 1人称スーパーヒーローゲー『Megaton Rainfall』非VR環境向けにSteam配信開始―ド迫力の破壊とスケール!

    1人称スーパーヒーローゲー『Megaton Rainfall』非VR環境向けにSteam配信開始―ド迫力の破壊とスケール!

  3. 『うみねこのなく頃に』スピンオフ格闘『黄金夢想曲CROSS』Steam版発売日決定!―Steam版はロビーマッチにも新対応

    『うみねこのなく頃に』スピンオフ格闘『黄金夢想曲CROSS』Steam版発売日決定!―Steam版はロビーマッチにも新対応

  4. 週末セール情報ひとまとめ『Tom Clancy's Rainbow Six Siege』『Starbound』『KILLER IS DEAD』『Stardew Valley』他

  5. 東方第16弾『東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.』Steam配信開始!―Steamクラウドにも対応

  6. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  7. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー“モイラ”正式実装!マーシーの調整なども

  8. 1人称SFサバイバルホラー『Hollow』Steam配信―宇宙船で起きた奇怪な事件を解き明かす

  9. 『PUBG』直近1週間のチーターBANが10万人オーバー、合計BANは70万人突破

  10. 『レインボーシックス シージ』新オペレーター3人の特徴とは?海外紹介映像

アクセスランキングをもっと見る

page top