リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!

今年9月にリリースされ、高い評価を得たアクションシューティングゲーム『RUINER』ですが、リュック・ベッソン率いる製作会社EuropaCorpおよびトランスメディア製作会社DJ2 Entertainmentが提携し、本作のテレビ放映権を獲得したことが明らかとなりました。

ゲーム文化 カルチャー
リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!
  • リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!
  • リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!

今年9月にリリースされ、高い評価を得たReikon Games開発のアクションシューティングゲーム『RUINER』ですが、リュック・ベッソン監督率いる製作会社EuropaCorpおよびトランスメディア製作会社DJ2 Entertainmentが提携し、本作のテレビ放映権を獲得したことが明らかとなりました。まだ詳細は不明なものの、現在脚本家や監督へのアプローチを始めており、2018年にもプロジェクトの始動が計画されているとのことです。

YouTube:https://youtu.be/Rg2uB60DFS0
『RUINER』は2091年の巨大サイバー都市“レンゴクシティ”を舞台にした、バイオレンス色の強いアクションシューティングゲーム。爆発的な怒りを内に秘めた一人の反逆者が誘拐された兄を救うため、腐敗した社会に牙を剥き、謎の女ハッカーの力を借りながら醜い真実を解き明かす。

魅力あふれるサイバーパンクな世界観でプレイヤーを虜にした『RUINER』がどのようにして映像化されるのか、興味を持っているファンは多いのではないでしょうか。今後の続報にも要注目です。なお、本作のSteam版は現在33%オフのセールを実施中。先日には冬季限定アップデート“Winter Cringe”が配信されていました。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 中世の写本風に描かれる動物バトルストラテジー『Inkulinati』Kickstarter開始!

    中世の写本風に描かれる動物バトルストラテジー『Inkulinati』Kickstarter開始!

  2. 「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

    「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

  3. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  4. “スカイリムグランマ”がYouTubeのネガティブコメントによるストレスのため活動を休止中

  5. スポンサー企業ロゴがサモリフに現れる! 『LoL』e-Sportsリーグ公式戦向け新機能が今夏登場

  6. 「PS4 Tournaments: Open Series」6月1日スタート―対象ゲームは『Mortal Kombat 11』や『CoD』など7タイトル

  7. 何もかもを燃やせる2Dステルスアクション『Wildfire』配信開始!

  8. オンラインイベント「The Escapist Indie Showcase」が6月12日より開催―70以上のインディー作品を紹介

  9. Blizzardが「BlizzCon 2020」の開催中止を発表―代替イベント開催の可能性を模索中

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top