錬金パズル『Opus Magnum』GOG.comから販売拒否―「内部キュレーションを通過できなかった為」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

錬金パズル『Opus Magnum』GOG.comから販売拒否―「内部キュレーションを通過できなかった為」

様々な一風変わったパズルゲームで知られるインディーデベロッパー、Zachtronicsは、新作『Opus Magnum』がGOG.comのストア登録プロセスからリジェクトされたことを発表しています。

ニュース ゲーム業界
錬金パズル『Opus Magnum』GOG.comから販売拒否―「内部キュレーションを通過できなかった為」
  • 錬金パズル『Opus Magnum』GOG.comから販売拒否―「内部キュレーションを通過できなかった為」

様々な一風変わったパズルゲームで知られるインディーデベロッパー、Zachtronicsは、新作『Opus Magnum』がGOG.comのストア登録プロセスからリジェクトされたことを発表しています。

同作は錬金術の世界をテーマに、ある法則に従った機器群を様々に接続、求められる条件を満たす機構を完成させることを目的とするパズルゲーム。既にSteamでは2017年12月にリリースされており、950件以上のレビューと“圧倒的に好評”な評価を得ています。また、他のZachtronicsのタイトルはGOG.comにて配信中です。

このストアからのリジェクトについて、GOG.comは、「内部キュレーションを通過できなかった為」としており、同作の何らかの要素がGOG.comがユーザーに同作を販売するには適さない、といった評価に繋がったものと思われます。

これは、業界最大手であるSteamが「Steam Direct」によって内部キュレーションをほぼ廃止したのとは正反対の姿勢となりますが、ストア側で強力にキュレーションされたゲームを求めるユーザーも少なくはないのではないでしょうか。それだけに評価の高い“コアな”タイトルを受け入れられるかどうかは、キュレーションを行っているストア全般に大きな課題となるのかも知れません。

『Opus Magnum』はSteamにてWindows/Mac/Linux向けに2,050円で発売中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  2. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

    『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  3. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

    『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

  6. 農業シムの究極版がここに!『Farming Simulator 19 Platinum』海外発表

  7. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  8. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  9. 『Fallout 76』のフォトモードで有名なアルバムジャケットを再現するプレイヤー達が現る

  10. 机の上に小さな工場を建設する『Little Big Workshop』発表! 色々な製品を製造して出荷しよう

アクセスランキングをもっと見る

1
page top