定額サービス「Xbox Game Pass」の拡張計画が発表! MSタイトルは発売と同時に対応へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

定額サービス「Xbox Game Pass」の拡張計画が発表! MSタイトルは発売と同時に対応へ

月額料金を支払うことで100以上のXbox One/Xbox 360タイトルが無制限で遊べるサブスクリプションサービス“Xbox Game Pass”ですが、Microsoftは本サービスの大規模な拡張計画を海外向けに発表しました。

家庭用ゲーム Xbox One
定額サービス「Xbox Game Pass」の拡張計画が発表! MSタイトルは発売と同時に対応へ
  • 定額サービス「Xbox Game Pass」の拡張計画が発表! MSタイトルは発売と同時に対応へ

月額料金(9.99ドル)を支払うことで100以上のXbox One/Xbox 360タイトルが無制限で遊べるサブスクリプションサービス“Xbox Game Pass”ですが、Microsoftは本サービスの大規模な拡張計画を海外向けに発表しました。

今後の計画では、Microsoft StudiosのXbox One専用ゲームはグローバルリリースと同時にXbox Game Passにもリリースするとのこと。例えば、2018年月20日に発売される『Sea of Thieves』が同日にXbox Game Passでも利用可能になります。

この仕組みは『Sea of Thieves』『State of Decay 2』『Crackdown 3』など2018年発売予定タイトルだけでなく、『Halo』『Forza』『Gears of War』を含む将来のMicrosoft Studiosタイトルにも適用されるそうです。

また、サブスクリプションサービスの選択肢を増やすため、GameStopなど小売パートナーとの協力による6ヶ月のXbox Game Passサブスクリプションカードを発表。2018年3月20日から一部小売業者にて59.99ドルで販売されます。

「Xbox Game Passはゲームを開発・提供する方法を革新し、全く新しい遊び方で、ゲームデベロッパーやパブリッシャーにとって新しい機会を作るきっかけとなると信じています」と語るMicrosoft。今回の計画Xboxユーザーにとって嬉しい発表なのではないでしょうか。

Xbox Game Passは現在40ヶ国以上(日本を除く)で展開中。非常に魅力的なサービスなので、日本での展開にも期待がかかりますね。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 国内PS4版『WORLD WAR Z』「東京編」PV公開―日本にゾンビの大群が押し寄せる

    国内PS4版『WORLD WAR Z』「東京編」PV公開―日本にゾンビの大群が押し寄せる

  2. 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』Gunsmith情報を一部公開―銃器を最大5箇所までカスタマイズ

    『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』Gunsmith情報を一部公開―銃器を最大5箇所までカスタマイズ

  3. 『GTAオンライン』ダイヤモンドプログラムが登場―「ダイヤモンドカジノ&リゾート」特別報酬をゲット

    『GTAオンライン』ダイヤモンドプログラムが登場―「ダイヤモンドカジノ&リゾート」特別報酬をゲット

  4. 『レインボーシックス シージ』Y4S2.3パッチをPC向けに配信―RFF・荒らし行為対策やバランス調整など

  5. 全自動式キッチン作成『Automachef』ニンテンドースイッチで配信開始!Steam版は7月23日深夜より

  6. 『Apex Legends』コンソールでのマウス&キーボード使用は「容認していない」―検知の手段を模索中

  7. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』最後の大型アップデート「MERCENARIES」登場!トレイラーも公開

  8. 『DEAD OR ALIVE 6』150万ダウンロード突破!「シーズンパス2」は7月23日より配信

  9. 遂に到来した『Apex Legends』シーズン2では何が変わった?注目の新要素をまとめて紹介

  10. ロックマンが波動拳?『ストリートファイターV』新コスチュームにリュウの「ロックマン」、さくらの「ロール」など

アクセスランキングをもっと見る

page top