マイクロソフト、「インテル製CPU向け修正パッチ」の動作改善アップデートを配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マイクロソフト、「インテル製CPU向け修正パッチ」の動作改善アップデートを配信

ゲーム機 技術

マイクロソフト、「インテル製CPU向け修正パッチ」の動作改善アップデートを配信
  • マイクロソフト、「インテル製CPU向け修正パッチ」の動作改善アップデートを配信
マイクロソフトは、インテル製CPUの脆弱性“Spectre”、“Meltdown”に対応するための動作改善Windowsアップデートをリリースしています。

インテルは“Spectre”、“Meltdown”の2種類の脆弱性がGoogleの“Project ZERO”によって公開されて以降、この大きな脆弱性に対抗するためのCPUファームウェアパッチを迅速にリリース。しかし、パッチ適応以降、「Broadwell」「Haswell」、及び「Ivy Bridge」「Sandy Bridge」「Skylake」「Kaby Lake」世代のCPUを採用した一部の環境下にて、ランダムな再起動が発生する問題などが新たに報告されていました。

今回、マイクロソフトがWindows 7(SP1)、Windows 8.1、およびWindows 10に対し公開したアップデートは、このインテル製CPUパッチに施された“Spectre”への対策の内、1種類を無効化することで動作を安定させます。なお、マイクロソフトは、今回のアップデートにより有効になってしまう攻撃を利用した被害の報告は2018年1月25日時点では存在していないとしています。

インテルによれば、CPUパッチのバグを修正した新バージョンの制作を進めており、テストが終了次第その公開を行うとのことです。ランダムな再起動には、それに起因したPCやゲームのデータの破損の可能性も含まれているため、該当する環境のユーザーは導入することを検討してみてはいかがでしょうか。

アップデートはこちらからダウンロード可能です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. Valve、「SteamVR 入力システム」ベータ版をリリース、コントローラー間の違いを吸収できるように

    Valve、「SteamVR 入力システム」ベータ版をリリース、コントローラー間の違いを吸収できるように

  2. Xbox新コントローラー「Xbox Adaptive Controller」正式発表! 幅広いゲーマーをサポート

    Xbox新コントローラー「Xbox Adaptive Controller」正式発表! 幅広いゲーマーをサポート

  3. 【E3 2014】究極の体験を提供するルームランナーVR「Omni」を試してみた

    【E3 2014】究極の体験を提供するルームランナーVR「Omni」を試してみた

  4. アタリ新ハード正式名称が「Atari VCS」に決定、予約開始日発表は4月予定

  5. ゲームエンジンUnityがDirectX 12に対応―Windows 10と同時リリースを目指す

  6. 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け

  7. Razerから新型マウス、キーボード、ヘッドセット4製品が2月24日に発売

  8. 幻想的風景を見渡すVR探索ゲーム『MARE』プレイレポ―積乱雲の存在感がスゴい…【BitSummit Vol.6】

  9. 「スパイダーマン」VRゲームが無料で海外配信へ―新作映画がベースに

  10. コモドール64のミニ版「THEC64 Mini」海外発売日決定! 懐かしのホームコンピューターが復活

アクセスランキングをもっと見る

page top