自動工場構築ストラテジー『Factorio』価格改訂が発表―数ヶ月内の早期アクセス終了も告知 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

自動工場構築ストラテジー『Factorio』価格改訂が発表―数ヶ月内の早期アクセス終了も告知

Wube Softwareは、自動化工場構築ストラテジー『Factorio』のアーリーアクセス終了に向けた価格改定を告知しています。

PC Windows
自動工場構築ストラテジー『Factorio』価格改訂が発表―数ヶ月内の早期アクセス終了も告知
  • 自動工場構築ストラテジー『Factorio』価格改訂が発表―数ヶ月内の早期アクセス終了も告知
Wube Softwareは、自動化工場構築ストラテジー『Factorio』のアーリーアクセス終了に向けた価格改定を告知しています。

今作では、プレイヤーは未知の惑星に墜落した飛行士として、資源の採掘や様々なモジュールの組み合わせを通じて、各部品の生産工場などインフラを構築していきます。そうして宇宙船を開発し、宇宙脱出を目的に奮闘していくリアルタイムストラテジーで、現住生物の攻撃を撃退していく戦闘要素も特色としています。

発表によれば、現時点のバージョン0.16が安定版になったことを受けて、バージョン0.17及び、完成版1.0への今後数ヶ月に渡る明確なロードマップが完成したとしており、価格改定はその結果として行われるとのこと。2018年4月16日より、同作の価格を現在の20ドルから、30ドルへと値上げすることがアナウンスされています。特別な事情がない限りは、以降は完成版を含めて同価格になると伝えられています。

日本語にも対応している同作。「セールを行わない」ことを以前より明言しており、この価格改定前の期間が数少ない、同作を安価に購入できるチャンスとなるため、気になっていたユーザーはこの機にチェックしてみるのも良いでしょう。

『Factorio』はSteamにてWindow/Linux/Mac向けに2,300円で発売中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

    『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  3. サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

    サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

  4. 都市建設シム『アノ1800』DLCやシーズンパスの内容が判明―海外向けトレイラーも

  5. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  6. 『オーバーウォッチ』陽光降り注ぐ新マップ「Havana」がPC版PTRに登場!

  7. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  8. 硬派なボクセルホラーADV『The Padre』正式版が配信!悪魔の力の謎を解け

  9. 2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

  10. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top