EA、ルートボックスについて今後も提供の姿勢を新たに―ギャンブルであることは否定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、ルートボックスについて今後も提供の姿勢を新たに―ギャンブルであることは否定

エレクトロニック・アーツCEOのAndrew Wilson氏は、先日行われた2018年Q4会計年度の収支報告内にて、“ルートボックス”への見解を新たにしています。

ニュース ゲーム業界
EA、ルートボックスについて今後も提供の姿勢を新たに―ギャンブルであることは否定
  • EA、ルートボックスについて今後も提供の姿勢を新たに―ギャンブルであることは否定
  • EA、ルートボックスについて今後も提供の姿勢を新たに―ギャンブルであることは否定
エレクトロニック・アーツCEOのAndrew Wilson氏は、先日行われた2018年Q4会計年度の収支報告内にて、“ルートボックス”への見解を新たにしています。

これは、収支報告出席者から寄せられた、一部の国でのルートボックス違法判定を受けた取り組みへの質問に答えたもの。Wilson氏は、同社が世界中のすべての業界団体や様々な管轄地域の規制当局と協力している、とした上で、「FIFA Ultimate Team」の様なプログラムはギャンブルではないこと、そして全ての“ルートボックス”がギャンブルであるとは信じられない、という見解を述べました。

同氏は、「FIFA Ultimate Team」について、各パックで指定された数量のアイテムが受け取れること、現実の金銭へのアイテムの直接の変換方法を提供・許可していないことに言及。ゲーム内マネーでのトレードも行えないとしています。また、同社はゲーム内マネーの通貨譲渡の禁止や違法な環境でのやり取りの防止に努めていると語りました。

その上で、“ルートボックス”を今後も配信していく方針を明らかにし、「透明で、楽しく、公正で、バランスのとれた方法で」プレイヤーに提供していく方法を考えているとしています。

『STAR WARS バトルフロント II』への大規模な批判が切っ掛けの1つとして始まった一連の“ルートボックス”問題。今後同様の事態を起こすことなく、社会及びゲーマーへと“ルートボックス”を定着させていくことは出来るのでしょうか。“ルートボックス”については、先日、オランダベルギーにてギャンブルに値するものであるとして、是正命令や法律違反の認定が(一部タイトルを対象に)なされていました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  2. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

    『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  3. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

    『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

  6. 農業シムの究極版がここに!『Farming Simulator 19 Platinum』海外発表

  7. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  8. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  9. 『Fallout 76』のフォトモードで有名なアルバムジャケットを再現するプレイヤー達が現る

  10. 机の上に小さな工場を建設する『Little Big Workshop』発表! 色々な製品を製造して出荷しよう

アクセスランキングをもっと見る

1
page top