Valveがバグ報奨金プログラムをスタート、危険レベルの問題レポートに最高2,000ドルの賞金 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveがバグ報奨金プログラムをスタート、危険レベルの問題レポートに最高2,000ドルの賞金

Valveは、バグや脆弱性の発見に対して賞金を支払う「HackerOne」を通した報奨金プログラムを開始しました。

ニュース ゲーム業界
Valveがバグ報奨金プログラムをスタート、危険レベルの問題レポートに最高2,000ドルの賞金
  • Valveがバグ報奨金プログラムをスタート、危険レベルの問題レポートに最高2,000ドルの賞金
  • Valveがバグ報奨金プログラムをスタート、危険レベルの問題レポートに最高2,000ドルの賞金
Valveは、バグや脆弱性の発見に対して賞金を支払う「HackerOne」を通した報奨金プログラムを開始しました。

「HackerOne」に登録されたValveの報奨金プログラムの対象は、Steamや『Dota 2』『Team Fortress 2』『Counter-Strike: Global Offensive』などの公式サイトを始め、ゲームそのもの、クライアントアプリケーション、SteamOS、Steamworks SDK、モバイルアプリケーションと多岐にわたります。

有効なレポートが提出された場合、ValveはCVSSスコアを含む基準にもとづいて200ドルから2,000ドルの報奨金を支払うとのこと。CVSSスコア0.0~3.9の最低額は0ドルであるものの、4.0~6.9の最低額は250ドルとなり、特に致命的な問題であった場合は、最低でも1,500ドルを提供すると設定しています。

このプログラムの始動に際してValveは、「DoS攻撃」「スパミング」「フィッシングを含むソーシャルエンジニアリング」「Valveのプロパティおよびデータセンターへの物理的な働きかけ」を避けるよう注意しています。

Valveは過去にも複数件のハッキング被害を受け、2016年3月には脆弱性を突いたゲームの不正リリースが海外ユーザーの間で話題となっていました。不正ゲーム『Watch Paint Dry』は目立った被害報告も当時見られておらず、犯人の「自首」に近い形で対応され、悪意がなかったことが告白されていました。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『メトロ エクソダス』『Cities: Skylines』『アウター・ワールド』『アンセスターズ:人類の旅』他

    週末セール情報ひとまとめ『メトロ エクソダス』『Cities: Skylines』『アウター・ワールド』『アンセスターズ:人類の旅』他

  2. Epic Gamesストアにて『Borderlands: The Handsome Collection』の期間限定無料配信が開始―『2』『プリシークエル』本編とほぼ全DLC収録

    Epic Gamesストアにて『Borderlands: The Handsome Collection』の期間限定無料配信が開始―『2』『プリシークエル』本編とほぼ全DLC収録

  3. 『Dishonored』『PREY』開発スタジオの創設20周年記念サイトが公開―期間限定でデビュー作『Arx Fatalis』の無料配布も

    『Dishonored』『PREY』開発スタジオの創設20周年記念サイトが公開―期間限定でデビュー作『Arx Fatalis』の無料配布も

  4. 『Arma 3』DLC「Arma 3 Karts」がSteamにて無料配布中! 本編が70%オフとなるセールも実施

  5. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  6. 有名街づくりSLGが1ドルで!「Humble Cities: Skylines Bundle」開催

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. Epic Gamesの「Unreal Engine 5」初公開!PS5上で動くリアルタイムデモ初披露

  9. 未発売含む7作が全オン対戦対応『サムライスピリッツ ネオジオコレクション』発売決定―Epic Gamesストアでは6月12日より先行無料配信!

  10. おもちゃの兵隊タワーディフェンス最新作『Toy Soldiers 2: Finest Hour』発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top