『PUBG』直近24時間のSteam版最大同接数が5か月前と比べて半分以下にー非公式海外統計 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』直近24時間のSteam版最大同接数が5か月前と比べて半分以下にー非公式海外統計

ゲーム文化 カルチャー

『PUBG』直近24時間のSteam版最大同接数が5か月前と比べて半分以下にー非公式海外統計
  • 『PUBG』直近24時間のSteam版最大同接数が5か月前と比べて半分以下にー非公式海外統計
  • 『PUBG』直近24時間のSteam版最大同接数が5か月前と比べて半分以下にー非公式海外統計

PUBG.Corpの『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』について、海外のSteam非公式統計サイトからプレイヤー数に関する興味深い数字が報告されています。

SteamのAPIからデータを取得し、データベース化しているSteamChartsによると、記事執筆時点(2018年6月6日午前)における直近24時間の最大同時接続数は157万767人で、最も数値の高かった2018年1月の323万6,027人に比べ半分以下になっていることが確認可能です。また、平均プレイヤー数も最も多かった2018年1月の158万4,886.8人と比べ、過去30日では84万845.8人と大幅な減少を見せています。

これについて海外メディアのGame Rantは、プレイヤー減少の原因には多くの可能性があるものの、主な要因としてチーター問題やEpic Games手掛ける『フォートナイト』の影響があることを指摘。とはいえ、SteamChartsからは未だ100万前後のプレイヤーが同作に接続していることが確認でき、いまだ『PUBG』の根強い人気は続いているようです。

先日にはマーケットにおける希少アイテムの価格上昇を防ぐための措置が発表されたり、新マップ「Sanhok」の実装も間近であったりと、これからも新たなサポートが目白押しな『PUBG』。今後、ユーザー再獲得に向けてどのような巻き返しが図られるのか、同作のゲーム運営には大きな期待がかかります。
《吉河卓人》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 64 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 米女児向け45cm大ドールの新作アクセサリーは“Xbox One S”―Major Nelson氏も製品紹介

    米女児向け45cm大ドールの新作アクセサリーは“Xbox One S”―Major Nelson氏も製品紹介

  2. 『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

    『フォートナイト』建物のテクスチャが組み合わせで「鉤十字」状に、Epicは修正を約束

  3. 『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

    『Fallout 76』トレイラーの影響でウェストバージニアの観光客が急増中?-海外報道

  4. 海外ポルノサイトが『フォートナイト』イベントによる検索数への影響を発表ーあのNinjaも検索されてる?

  5. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  6. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  7. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

  8. 『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

  9. 6月22日開催「All Nightでフォートナイト」、プロゲーミングチームSCARZよりきるあ、すいか棒が参戦!当日スケジュールと出演者のまとめも

  10. 『アサシン クリード オデッセイ』でスパルタンなウォリアーになってきた―美しい古代ギリシャでアテナイと対峙【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top