フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」

フランスのギャンブル規制機関ARJELは、2017年から2018年にかけての活動報告内で、昨今話題となるゲーム内の「ルートボックス」についてのレポートを行っています。

ニュース ゲーム業界
フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」
  • フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」
  • フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」
フランスのギャンブル規制機関ARJELは、2017年から2018年にかけての活動報告内で、昨今話題となるゲーム内の「ルートボックス」についてのレポートを行っています。

GamesIndustry.bizなどによれば、レポートでは、ルートボックスについて若年者への影響を脅威と見ており、ゲーム規制機関へ親を含む消費者への呼びかけを強める呼びかけが行われています。一方、ルートボックスそのものについては、何らかの見返りを常に提供していることや、入手したアイテムが現実の価値を持たないことから、現時点では「ギャンブルではない」として位置づけられており、今後もマイクロトランザクションとルートボックスの調査を続けていくとしました。

先日には、オランダにてValveが自社タイトルのアイテム取引機能の停止を行ったりするなど、「入手したアイテムの現実の価値」なども注目されるルートボックス。いくつかの海外大手タイトルでは、ルートボックスからバトルパス形式への転換も進んでいますが、果たして今後はどのような展開になっていくのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』ゲーム内通貨「アトム」の国内販売が7月24日から遂に解禁

    『Fallout 76』ゲーム内通貨「アトム」の国内販売が7月24日から遂に解禁

  2. クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

    クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

  3. 「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

    「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

  4. 販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

  5. か、かわいい…『ポケモンGO』と「ワンピース」がコラボ!麦わら帽子を被ったピカチュウが期間限定で出現

  6. 『第五人格』に怪盗団が現れる!?『ペルソナ5』コラボでジョーカーやモルガナが人形チックに大変身

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド参戦!亜種モンスター2種や「ビューモード」機能も

  8. 今年の目玉は特典付き“PCエンジン mini”―アマゾンプライムデー内覧会レポ

  9. 販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに

  10. 台湾高評価ホラー『還願』一時販売中止―「くまのプーさん」に関連した政治的主張の混入とQAチェックのため

アクセスランキングをもっと見る

page top