フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」

フランスのギャンブル規制機関ARJELは、2017年から2018年にかけての活動報告内で、昨今話題となるゲーム内の「ルートボックス」についてのレポートを行っています。

ニュース ゲーム業界
フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」
  • フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」
  • フランス、ルートボックスについてのレポートを公開―「ギャンブルではない」
フランスのギャンブル規制機関ARJELは、2017年から2018年にかけての活動報告内で、昨今話題となるゲーム内の「ルートボックス」についてのレポートを行っています。

GamesIndustry.bizなどによれば、レポートでは、ルートボックスについて若年者への影響を脅威と見ており、ゲーム規制機関へ親を含む消費者への呼びかけを強める呼びかけが行われています。一方、ルートボックスそのものについては、何らかの見返りを常に提供していることや、入手したアイテムが現実の価値を持たないことから、現時点では「ギャンブルではない」として位置づけられており、今後もマイクロトランザクションとルートボックスの調査を続けていくとしました。

先日には、オランダにてValveが自社タイトルのアイテム取引機能の停止を行ったりするなど、「入手したアイテムの現実の価値」なども注目されるルートボックス。いくつかの海外大手タイトルでは、ルートボックスからバトルパス形式への転換も進んでいますが、果たして今後はどのような展開になっていくのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PS4/Xbox One版『BAYONETTA』『VANQUISH』が海外向けに正式発表! 10周年記念バンドルとして2020年発売

    PS4/Xbox One版『BAYONETTA』『VANQUISH』が海外向けに正式発表! 10周年記念バンドルとして2020年発売

  2. 2Kが『バイオショック』新作を開発する新スタジオの設立を発表

    2Kが『バイオショック』新作を開発する新スタジオの設立を発表

  3. 『ダンガンロンパ』の小高和剛氏による最新作『Death Come True』発表!ジャンルは“実写ムービーゲーム”に―カウントダウンサイトも公開中

    『ダンガンロンパ』の小高和剛氏による最新作『Death Come True』発表!ジャンルは“実写ムービーゲーム”に―カウントダウンサイトも公開中

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

  6. 独特なグラフィックのARPG『Ashen』Steam/GOGおよび海外PS4/スイッチ版が12月9日リリース!

  7. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

  8. 日本一ソフトウェア最新作『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』発表!汚染された世界で人類最後の少女「トリコ」を世話するローグライクRPG

  9. 任天堂、『リングフィット アドベンチャー』品薄についてお詫び―年末に向けて出荷数を増加

  10. 「The Game Awards 2019」各部門ノミネート作品発表! 国産タイトルも多数選出

アクセスランキングをもっと見る

1
page top