『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞

id SoftwareのFPS『DOOM II』。同作発売から24年もの間達成不可能とされていたある「シークレット」の達成方法が判明した模様です。

ゲーム文化 カルチャー
『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞
  • 『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞

id SoftwareのFPS『DOOM II』。同作発売から24年もの間達成不可能とされていたある「シークレット」の達成方法が判明した模様です。

『DOOM II』では、マップ上に隠された様々な隠し通路などが「シークレット」として存在しており、ステージクリア後にはシークレット達成率が表示される仕組みとなっています。今回話題となったのは、レベル15「Industrial Zone」にて、通常のプレイでは侵入不可能なテレポーター内の位置に、このカウントされるシークレットが設定されており、長らく同レベルのシークレット最大達成率が90%とされていた問題。

今回このシークレットを達成することに成功したのはスピードランナーのZero Master氏。氏は、敵を召喚する能力を持つペインエレメンタルがプレイヤーの上に敵を召喚した際に発生する一瞬のノックバック時に、理論上のシークレットカウント条件を達成できることを発見、今回の100%シークレットを達成したとしています。映像では3:00前後でそのシーンを確認することが可能です。

同マップを制作した元id Softwareのジョン・ロメロ氏は、Twitterにてこの偉業を称えるとともに、内容を解説。シークレット達成を祝っています。

24年もの間愛され続ける『DOOM II』。シリーズ新作『DOOM Eternal』が発表されてなお、人々を惹きつけて止まないようです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラジルの香水のCMに『DEATH STRANDING』トレイラーに似たシーンが見つかる

    ブラジルの香水のCMに『DEATH STRANDING』トレイラーに似たシーンが見つかる

  2. プロゲーマー「Krucial B」が急逝……トーナメント会期中、ホテルの一室で

    プロゲーマー「Krucial B」が急逝……トーナメント会期中、ホテルの一室で

  3. PC版『SEKIRO』にボスラッシュModが登場!ボス戦を無限に戦える

    PC版『SEKIRO』にボスラッシュModが登場!ボス戦を無限に戦える

  4. 退場者がルールを変えられる新作バトルロイヤル『Watchers』トレイラー!

  5. サウスウエスト航空が乗客にスイッチ本体と『マリオメーカー2』をプレゼント!SNSでは沸き立つ機内の様子も

  6. Netflix版『ウィッチャー』を待ちきれないファンがトレイラーでライムを刻む!メダルも震える完成度なMV風動画

  7. JRPG風のターン制ストラテジー『Tears of Avia』発売時期は2019年Q4に―日本語対応予定

  8. 陰鬱即死2Dアクション『LIMBO』Epic Gamesストアで無料配信中、現地時間7月25日までの期間限定

  9. 3vs3のマルチプレイ球技アクション『Super Buckyball Tournament』ゲームプレイ映像!

  10. 『Fallout 4』に隠されたイースターエッグを当時の開発者が解説―小島監督の『スナッチャー』など

アクセスランキングをもっと見る

page top