ベルギー・ブリュッセル検察庁がエレクトロニック・アーツを「ルートボックス」で捜査へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベルギー・ブリュッセル検察庁がエレクトロニック・アーツを「ルートボックス」で捜査へ

先日、ベルギー賭博委員会により同国で賭博として違法認定された有料「ルートボックス」。それに関連してブリュッセル検察庁によるエレクトロニック・アーツへの捜査が始まりました。

ニュース ゲーム業界
ベルギー・ブリュッセル検察庁がエレクトロニック・アーツを「ルートボックス」で捜査へ
  • ベルギー・ブリュッセル検察庁がエレクトロニック・アーツを「ルートボックス」で捜査へ
先日、ベルギー賭博委員会により同国で賭博として違法認定された有料「ルートボックス」。それに関連してブリュッセル検察庁によるエレクトロニック・アーツへの捜査が始まりました。

海外メディアMetroPC Gamerの英語翻訳によると、この捜査はエレクトロニック・アーツから発売されているサッカーゲーム『FIFA 18』『FIFA 19』で、ルートボックスの違法認定がなされた後でも同システムが提供され続けていることについてのもの。『FIFA 18』と同時に明確に是正勧告が行われた『オーバーウォッチ』、『Counter-Strike: Global Offensive』については、いずれもベルギー向けのルートボックスシステム削除を実施しています。

エレクトロニック・アーツは、ベルギー賭博委員会によるルートボックス違法認定後の2018年5月、2018年Q4会計年度収支報告内にて、ルートボックスのギャンブル性を否定。今後も配信を行っていく方針を明らかにしていました。今回の捜査がどのような結果となるのかは不透明ながら、いずれの結果に終わったとしても再びルートボックスを巡る議論が活発化する可能性は高いのではないでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

    ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  2. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

    Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  3. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

    『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

  6. 『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

  7. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  8. 『ポケモン ソード・シールド』ガラルポニータ、ネギガナイト、ポットデス、ウッウのぬいぐるみ登場!4月11日よりポケモンセンターで販売

  9. 「家にいよう、命を守ろう」英国政府と協力のゲーム会社が新型コロナ拡散防止メッセージを周知

  10. 古典的ベルトスクロールACT『Streets of Rage 4』発表―幻の『ベア・ナックル』4作目【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top