期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

2018年9月22日より一般参加者向けにも幕を開けた「東京ゲームショウ 2018」。サウザンドゲームズブースでは、『カスタムロボ』のディレクターとして知られる見城こうじ氏より電撃発表された新作対戦ロボアクション『Synaptic Drive』の体験が可能でした。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】
  • 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】
  • 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】
  • 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】
  • 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】
  • 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】
  • 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

2018年9月22日より一般参加者向けにも幕を開けた「東京ゲームショウ 2018」。サウザンドゲームズブースでは、『カスタムロボ』のディレクターとして知られる見城こうじ氏より電撃発表された新作対戦ロボアクション『Synaptic Drive』の体験が可能でした。

1vs1の対戦アクションゲームである同作は、機体・ガン(メインショット)、移動特性など6項目を選択し、カスタムしたキャラを用いてクォータービュー視点で戦うタイトル。


基本的にはジャンプ・ダッシュを活かし、回避や有利な位置取り確保を行いながら、ガン・誘導弾のトラッカー・格闘などで敵に攻撃を当て、勝利を目指しますが、今作の特徴として「ワイヤー」の存在が挙げられます。このワイヤーは右スティックで起動し、そのまま右スティックで任意に操作して誘導可能な爆発ショット。好きなタイミングでの起爆も可能です。


各パーツも大きく特性が異なり、全体的に見城氏が以前に手がけた『カスタムロボ』を強く思い起こさせる作りですが、やはり重要なのはワイヤー。このワイヤーを用いることで戦闘も更に戦略的になりそうです。なお、TGS会場ではAI戦は行えず、対人戦のみとなっていました。


また、会場にて見城氏に話を聞いてみたところ、本作は対戦モードを主眼において開発されており、『カスタムロボ』に存在した“ストーリーモード”のようなスタイルの内容は含まれない予定なのだそう。ただし、敵AIや、いわゆるアーケードモードのようなものは実装予定とのことなので、シングルプレイヤーでも問題なくプレイできるということです。


また、ユーザーが『カスタムロボ』のようなものを求めていることについては認識されているとのことで、その上でワイヤーなど新要素を通じて「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」と語っていました。


『Synaptic Drive』はニンテンドースイッチ/PCにて開発中。販売形態はDLは最低限予定しているものの、現時点ではパブリッシャーなどが決定していないため、各機種向けの発売時期を含めて具体的には答えられないとのことでした。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7 リバース』ティファの“ちょっと背伸びパンツ”、令和では許されなかった…「時代は変わったぜ、クラウド」

    『FF7 リバース』ティファの“ちょっと背伸びパンツ”、令和では許されなかった…「時代は変わったぜ、クラウド」

  2. 『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

    『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

  3. ケモノオープンワールドRPG『バイオミュータント』のスイッチ版が5月14日発売決定!全てのDLC収録

    ケモノオープンワールドRPG『バイオミュータント』のスイッチ版が5月14日発売決定!全てのDLC収録

  4. 『FF7 リバース』を遊ぶ前に“お得”を見逃すな! 特典アイテムのゲットなど、今からでも間に合う準備アレコレ─2月28日までのお得なDL版販売も

  5. PS3向けシステムソフトウェアアップデート「4.91」が配信―動作の安定性改善を目的とした1年ぶりの更新

  6. 本格タクティクスRPG『ゴブリンスレイヤー -ANOTHER ADVENTURER- NIGHTMARE FEAST』リリースー短期間キャンペーンも開催

  7. 『FF7 リバース』のカードゲーム「クイーンズ・ブラッド」をスルーなんてもったいない! 陣地の奪い合いとヒリつく戦略で、本編が疎かになる面白さ

  8. スイッチ完全新作『ポケモンレジェンズ ゼットエー』2025年発売! 舞台は『ポケモン X・Y』の「ミアレシティ」【Pokemon Presents】

  9. 『FF7リバース』ディスク版表面のレーベルと収録内容が逆になっていた…挿入の際は要注意

  10. 2024年3月のPS Plus、フリープレイにカンフーアクション『Sifu』やステルスホラー『Hello Neighbor 2』など4作品が登場

アクセスランキングをもっと見る

page top