『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像

日本の東映戦隊ヒーローシリーズを「パワーレンジャー」としてアメリカで展開するサバン・ブランドは、モバイル向けゲームタイトル『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』と『ストリートファイター』コラボを記念したショート映像を公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像
  • 『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像
  • 『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像
  • 『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像
  • 『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像
  • 『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像
  • 『ストリートファイター』リュウが戦隊ヒーローに変身!『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』コラボミニ映像

日本の東映戦隊ヒーローシリーズを「パワーレンジャー」としてアメリカで展開するサバン・ブランドは、モバイル向けゲームタイトル『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』と『ストリートファイター』コラボを記念したショート映像を公開しました。

物語は、突如として複数のパワーレンジャーに襲われたリュウと春麗から始まります。応戦するも分が悪い2人は突如謎の力で何処かにある神殿へとワープ。




そこで2人は本物のパワーレンジャーたちと出会い、彼らを襲ったのが悪の魔女リタ・レパルサが作り出した“悪のレンジャー”であり、さらにリュウが倒したはずのベガ(バイソン将軍)をもリタが強化復活させたと知ることに。そして戦いが始まります。



8分弱の映像では、『ストリートファイター』よりリュウ・春麗・ベガ(バイソン将軍)、「パワーレンジャー」からは“グリーンレンジャー(ドラゴンレンジャー)”トミー・オリバーと、“メガフォースイエロー(ゴセイイエロー/ゴーカイイエロー)”ジア・モラン、ニンジャー(ニンジャマン)が登場。またリタ・レパルサ(魔女バンドーラ)が作り出した“悪のレンジャー”として多数のヒーローが敵として出演しています。



本映像の見どころは、コラボの目玉でもある「リュウの変身」。パワーレンジャーからパワーコインを受け取ったリュウはその名も「リュウレンジャー」に変身しベガと戦うことになります。日本で“リュウレンジャー”といえば「五星戦隊ダイレンジャー」のリュウレンジャー、“天火星”亮が有名。「パワーレンジャー」で同名が使われていないが故の名称ですが、奇しくも両者とも炎を操る拳法使いという戦闘スタイルになっています。


変身後の戦闘だけでなく生身戦闘も十分用意された同映像。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。なお、「パワーレンジャー」ブランドは2018年に海外有名玩具メーカーのハズブロへ売却されており、2019年以降は同社からの展開になるとのことです。

『パワーレンジャー: レガシーウォーズ』は海外iOS/Andoroid向けに基本無料で配信中。国内Android向けには事前登録を受けつけています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

    ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

  2. ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

    ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

  3. ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

    ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

  4. e-Sportsチーム「ZETA DIVISION」がプロゲーマー・ta1yoさんの加入を発表―公式サイトでは本人からのコメントも

  5. 「彼が与えた影響を思い起こさせるのに相応しい」ユービーアイが故人のプレイヤー名を『レインボーシックス シージ』内に刻む

  6. 物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

  7. ドウェイン・ジョンソンが新たなゲーム原作映画を準備中―ファンの予想はクソコラ祭りに発展

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  10. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

アクセスランキングをもっと見る

page top